NEC、世界最速コア性能の新型ベクトルスパコン「SX-ACE」発売 | RBB TODAY

NEC、世界最速コア性能の新型ベクトルスパコン「SX-ACE」発売

エンタープライズ ハードウェア

SX-ACE(最大8ラック)
  • SX-ACE(最大8ラック)
  • SX-ACE(1ラック)
  • 「SX-ACE」の主な仕様
 日本電気(NEC)は11月15日、世界最速のプロセッサコア性能を有するベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ」における最新モデル「SX-ACE」の販売を開始した。

 「SX-ACE」は、「SXシリーズ」初となるマルチコア型ベクトルCPUを搭載したスパコン。世界一のコア性能となる64ギガフロップス(GFLOPS:1秒間に10億回の浮動小数点演算性能)、および世界一の単一コアメモリ帯域となる64ギガバイト/秒を実現しているという(同社調査による)。「SXシリーズ」初となる新開発マルチコア・ベクトルCPUには、高性能コアを4つ搭載するため、256ギガフロップスの演算性能と256ギガバイト/秒のメモリ帯域を実現している。単一ラック当たりの性能は、前機種に比べ10倍に向上させた一方で、消費電力を10分の1、設置面積を5分の1に低減させた。最大8ラックで、512ノードを接続可能。

 ベクトル型スーパーコンピュータは、1つの“ベクトル命令”で配列要素を一括処理することにより、大規模・複雑な計算を高速処理できるスーパーコンピュータ。気象、航空宇宙、環境、流体解析、物性計算などに適している。NECの「SXシリーズ」は、これらの領域において、全世界で1400台以上の累計販売実績を有している。

 新製品の販売価格は、レンタル月額で450万円(税込)から。なお、NECは、「SX-ACE」の後継機として、従来のスーパーコンピュータ領域に加えて、産業応用領域やビッグデータ解析をターゲットとした次世代高性能サーバの検討を開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top