東芝、無線LAN搭載SDカードに32GBモデル「SD-WD032G」を追加……新たに「インターネット同時接続機能」搭載 | RBB TODAY

東芝、無線LAN搭載SDカードに32GBモデル「SD-WD032G」を追加……新たに「インターネット同時接続機能」搭載

IT・デジタル 周辺機器

新たに「インターネット同時接続機能」を搭載した「SD-WD032G」
  • 新たに「インターネット同時接続機能」を搭載した「SD-WD032G」
  • スマートフォンの無線LANを「FlashAir」に設定したまま、家庭などの無線LANルータを介してインターネットにもアクセスできる
  • 従来は一度手動で切り替えなければならなかった
 東芝は13日、無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリーカード「FlashAir」シリーズの新製品として、容量32GBモデルの「SD-WD032G」を発表した。発売は11月16日、価格はオープン。

 「FlashAir」は、無線LAN通信機能を搭載するSDHCメモリーカードで、Wi-Fi環境のない場所でも、デジカメなどで撮影した写真のデータをスマートフォンなどに転送できる機能をもつ。

 同シリーズは8GB、16GBモデルがすでにあるが、この32GBモデルの「SD-WD032G」では、「インターネット同時接続機能」を搭載したのが特長だ。「インターネット同時接続機能」とは、スマートフォンの無線LANを「FlashAir」に設定したまま、家庭などの無線LANルータを介してインターネットにもアクセスできる機能。従来はスマートフォンなどに写真を取り込んだあと、手動で家庭の無線LANや3G・4G網に切り替える作業が必要だったが、「SD-WD032G」ではそのままで利用でき、切り替え作業の手間を省くことが可能になった。

 「SD-WD032G」はIEEE 802.11b/g/n対応で、スピードクラスはClass 10。同シリーズの8GBモデル「SD-WC008G」、16GBモデル「SD-WC016G」でもソフトウェアアップデートで「インターネット同時接続機能」に対応する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top