Safe Line事業を進める「セーファーインターネット協会」設立 ヤフー×ALSI×ピットクルー | RBB TODAY

Safe Line事業を進める「セーファーインターネット協会」設立 ヤフー×ALSI×ピットクルー

ブロードバンド その他

「セーファーインターネット協会」ロゴ
  • 「セーファーインターネット協会」ロゴ
  • 「セーファーインターネット協会」サイトトップページ
  • 組織体制
 ヤフー、アルプス システム インテグレーション(ALSI)、ピットクルーは11月8日、「セーファーインターネット協会」(Safer Internet Association、SIA)を共同で設立することを発表した。11月11日より「Safe Line事業」を開始する。

 「Safe Line事業(セーフライン)」は、インターネット利用者からの連絡等をきっかけとして、問題のある情報の管理者に対して削除を促したり、警察への通報を行う取組みとなる。SIAは、表現の自由と各種権利侵害を調整する役割を担うとのこと。また、定量的な効果検証に基づき、違法・有害情報対策を模索し、国内外に政策提言も行うとしている。会長は、ヤフー執行役員 社長室長の別所 直哉氏が務める。

 今後、アドバイザリーボードの有識者委員の意見をとりまとめ、また関連省庁とも必要な協力をして、対策を推進していく。

 なおSIAには、ヤフーなど3社をはじめとした正会員の他、賛助会員として、ミクシィ、グリーが参加する。また引き続き、大手のインターネット企業各社および、関係事業者団体に参加を呼びかけているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top