楽天がO2Oを強化、ポイントサービス「スマポ」のスポットライトを子会社に | RBB TODAY

楽天がO2Oを強化、ポイントサービス「スマポ」のスポットライトを子会社に

エンタープライズ 企業
楽天がO2Oを強化、ポイントサービス「スマポ」のスポットライトを子会社に
  • 楽天がO2Oを強化、ポイントサービス「スマポ」のスポットライトを子会社に
 楽天と、スマートフォンを使った共通来店ポイントサービス「スマポ」を提供する株式会社スポットライト(東京都渋谷区)は15日、楽天がスポットライトを買収し、完全子会社化すると発表した。

 楽天の会員基盤と「スマポ」の送客力との相乗効果をねらう。買収額については公表していない。

 スポットライトは、2011年9月よりスマートフォンのアプリを利用した、国内初の来店自動検知型の共通ポイントサービス「スマポ」を提供している。

 「スマポ」を利用するユーザーは、「スマポ」加盟店に来店し、専用アプリでチェックイン操作するだけで、商品の購入に関係なくポイントを獲得できる。加盟店は、付与するポイント数を設定できるとともに、実際に来店したユーザー数分の成果報酬型の負担となるため、より費用対効果の高い集客ができる。

 近年、スマートフォンの普及により、インターネットサービスを通じた実店舗の販促支援、いわゆるO2O(オンライン・トゥー・オフライン)市場が発達している。こうした中、「スマポ」は国内トップの送客数の実績をもち、23都道府県の約700カ所・約90ブランドに加盟店を展開している。

 楽天とスポットライトは、楽天グループが保有する国内最大級8500万人のネット会員基盤を活用し、「スマポ」の送客力強化と加盟店拡大を行なう。また、「スマポ」プラットフォームを活用し、楽天会員を実店舗へ送客する新たなサービスを検討している。
《高木啓》

特集

page top