PSP向け「勇者のくせになまいきだ」などをShareで公開した男性を逮捕 | RBB TODAY

PSP向け「勇者のくせになまいきだ」などをShareで公開した男性を逮捕

エンタメ その他
ACCSによる発表
  • ACCSによる発表
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は10月9日、島根県警生活環境課と松江署が10月4日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてPSP用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた大阪府豊中市の無職男性(29歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、6日に松江地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2013年8月14日頃から8月22日頃までの間、前後4回にわたり、いずれもPSP用ゲームソフトである株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントが著作権を有する「勇者のくせになまいきだ:3D」、株式会社カプコンが著作権を有する「モンスターハンターポータブル3rd」、株式会社バンダイナムコゲームスが著作権を有する「テイルズオブディスティニー2」、株式会社スクウェア・エニックスが著作権を有する「ファイナルファンタジータクティクス獅子戦争」をShareにアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。

PSP向け「勇者のくせになまいきだ」などをShareで公開した男性を逮捕(ACCS)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top