NEC、新クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」提供開始……神奈川データセンター新設 | RBB TODAY

NEC、新クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」提供開始……神奈川データセンター新設

 日本電気(NEC)は12日、新たなクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を本年10月から販売することを発表した。2014年4月よりサービスの提供を開始する。また、同サービスの提供拠点として、2014年1月に神奈川県内に「NEC神奈川データセンター」を新設する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
NEC神奈川データセンターの概要(計画)
  • NEC神奈川データセンターの概要(計画)
 日本電気(NEC)は12日、新たなクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を本年10月から販売することを発表した。2014年4月よりサービスの提供を開始する。また、同サービスの提供拠点として、2014年1月に神奈川県内に「NEC神奈川データセンター」を新設する。

 「NEC Cloud IaaS」は、サーバやストレージなどのICT資源をサービスとして提供するサービス。低価格の「NEC Cloud IaaS(スタンダード:STD)」と、高性能・高信頼な「NEC Cloud IaaS(ハイアベイラビリティ:HA)」の2種が用意されている。また、「NEC Cloud IaaS」や他のクラウド基盤サービス、顧客構築システムなどを同一画面で統合的に運用管理できるセルフサービスポータルを提供する。「NEC Cloud IaaS(STD)」は最小構成(1vCPU x 4GB Memory x 100GBシステムディスク)で月額6,700円より。「NEC Cloud IaaS(HA)」は最小構成(2vCPU x 2GB Memory x 100GBシステムディスク)で月額10,900円より。

 新設される「NEC神奈川データセンター」は、本サービスの提供拠点として、新たに開発された省電力の専用高集積サーバや、最新の冷却技術を適用した空調設備などを導入する。NEC Cloud IaaSはデータセンター内で密連携することで、業務システム全体の性能・運用の最適化が可能。また、SDN(Software-Defined Networking)を活用することで、顧客構築システムからの移行の容易化や、短時間でのICT資源の調達などが実現できる見込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top