PSP版「三國志V」を「Share」で公開していた男性を送致 | RBB TODAY

PSP版「三國志V」を「Share」で公開していた男性を送致

ブロードバンド セキュリティ
ACCSによる発表
  • ACCSによる発表
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は9月11日、神奈川県警サイバー犯罪対策課と中原署が9月6日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてPSP用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた愛媛県今治市のアルバイト男性(38歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで横浜地検川崎支部に送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2012年10月11日頃、株式会社コーエーテクモゲームスが著作権を有する「三國志V」を、Shareを通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。男性は「ゲーム等を入手したくてファイル共有ソフトを使用していた」などと供述し容疑を認めている。また、警察の調べによると、男性はアダルトゲーム等を中心に複数ファイルをアップロードしていた。

PSP版「三國志V」を「Share」で公開していた男性を送致(ACCS)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top