データセンターの空調電力を最大50%削減…NECの省エネ冷却 | RBB TODAY

データセンターの空調電力を最大50%削減…NECの省エネ冷却

 日本電気(NEC)は3日、データセンター等に設置されるラックに搭載されたICT機器の排熱を、効率よく取り除く「多段式高効率冷却技術」を開発したことを発表した。本技術を適用することで、空調電力を最大50%削減できる見込み。

エンタープライズ ハードウェア
新技術の特徴
  • 新技術の特徴
  • 新旧のラック冷却技術の比較
 日本電気(NEC)は3日、データセンター等に設置されるラックに搭載されたICT機器の排熱を、効率よく取り除く「多段式高効率冷却技術」を開発したことを発表した。本技術を適用することで、空調電力を最大50%削減できる見込み。

 「多段式高効率冷却技術」は、NECが従来から開発してきた「相変化冷却技術」を、複数のICT機器を搭載するラックに応用したものとなる。「相変化冷却技術」とは、冷媒が液体から気体に変化する際に熱エネルギーが移動する性質を利用して冷却する技術で、高効率な冷却が可能。

 新技術では、機器から排出される熱を、拡散する前に回収するとともに、直接屋外へ輸送できるため、サーバルーム内の空調負荷を大幅に削減できるという。NECの施設で実験した結果、10台のサーバを搭載したラック背面から発せられる熱量のうち、約50%を屋外へ熱輸送することを実証した。

 また、サーバラック背面に配置した受熱部を多段化することにより、ラックに設置されたそれぞれの機器の排熱量に応じた冷却を実現した。多段化されたラックの各段の吸熱部に、発熱量に応じて冷媒を分配し、効率よく循環させる技術を新規に開発。独自の流路設計により、自然循環のみで各段への適正な冷媒供給を実現した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top