ソフトバンク、タッチ対応でスマホタイプのシニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」 | RBB TODAY

ソフトバンク、タッチ対応でスマホタイプのシニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」

IT・デジタル モバイル

タッチ対応でスマホタイプのシニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」
  • タッチ対応でスマホタイプのシニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」
  • 背面
  • カラーはホワイトとブラックの2色
 ソフトバンクモバイルは5日、タッチパネル搭載でシニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」(Huawei製)を発表した。発売は9月中旬以降の予定。

 タッチパネルを採用した約4.0インチのTFT液晶(800×480ピクセル)ディスプレイを搭載。形状も含めてスマートフォンのようだが、通話やメール、カメラなど必要な機能だけに絞っており、あくまでフィーチャーフォンという扱い。アプリもダウンロードできない。メモリは512MB、ストレージは4GB、カメラは500万画素CMOSのアウトカメラのみとなる。

 一つの画面にメニューを集約しているため、フリック操作で別画面に移動することなく簡単に利用でき、スマートフォンタイプの機種を使ったことない人でも操作できるように考慮。また、音声を録音して送るボイスメールや、ワンタッチで定型文を返信できる機能など、文字入力が苦手な人でも利用しやすい機能を備える。

 通話やメールができるのは最大5件の電話帳登録者のみ。登録していない人からの電話もメールも受けないので安心して利用できるとしている。家族のスマートフォンから電話帳への新規追加や編集を代理で行う遠隔操作機能、下部のボタンを長押しすると大きなブザーが鳴り同時に家族に連絡できる機能、一定時間操作がないと家族にメールを送信する機能も搭載した。遠く離れていても、もしもの時に素早く察知することができる設計になっている。本体サイズは幅64mm×高さ125mm×奥行11mm、重量は150g。

 専用の料金プランとして「あんしんファミリーケータイ専用プラン」(月額2,079円)を用意。そのほかオプションとして24時間365日いつでも健康上の気になることを相談でき、必要に応じて医療機関の紹介まで可能な「電話健康相談」(月額315円)や、通常5件の電話帳への最大登録件数が1,000件まで拡張される「あんしん電話帳」(月額210円)も用意される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top