SBテレコム、世界共通基盤「グローバルクラウドファブリック」でクラウドサービス提供開始 | RBB TODAY

SBテレコム、世界共通基盤「グローバルクラウドファブリック」でクラウドサービス提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「グローバルクラウドファブリック」の概要イメージ
  • 「グローバルクラウドファブリック」の概要イメージ
  • 「ホワイトクラウド デスクトップサービスViewタイプ」イメージ
  • 「ホワイトクラウド VMware vCloud Datacenter Service」が実現する企業向けクラウドサービス
 ソフトバンクテレコムは23日、エンタープライズ向けの新しいクラウド基盤として「グローバルクラウドファブリック」を構築したことを発表した。

 「グローバルクラウドファブリック」は、世界で統一された基準のマネジメント機能を備え、サービス種別(IaaS・SaaS)やクラウド提供形態(プライベート・パブリック・ハイブリッド)、提供する場所(国内外)を問わず、全世界共通基盤として利用可能なプラットフォームだ。全世界で同品質のシステム調達が可能である米VCEの垂直統合型アプライアンス「VCE Vblock System」を採用しているのが特徴。これにより、データセンターの構成要素すべてを仮想化した「仮想データセンター」を実現している。

 「グローバルクラウドファブリック」は、国内の2か所(東京・大阪)に構築、ディザスタリカバリ機能も提供する。

 またソフトバンクテレコムは同日、このクラウド基盤上で提供するクラウドサービスの申し込み受け付けを開始。「ホワイトクラウド デスクトップサービスViewタイプ」と「ホワイトクラウドVMware vCloud Datacenter Service」の2タイプを提供する。いずれでも全世界のIT資産の一元管理が可能なグローバルクラウドカスタマーポータル機能を提供する。

 「ホワイトクラウド デスクトップサービスViewタイプ」は、VMwareの仮想化デスクトップソリューション「VMware Horizon View」をベースとした仮想デスクトップサービス。「ホワイトクラウドVMware vCloud Datacenter Service」は、従来から提供しているサービスを拡充するものとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top