NTT Com、日米間海底ケーブル「PC-1」の容量を8.4Tbpsに拡張 | RBB TODAY

NTT Com、日米間海底ケーブル「PC-1」の容量を8.4Tbpsに拡張

ブロードバンド 回線・サービス

デジタルコヒーレント光送受信方式
  • デジタルコヒーレント光送受信方式
  • 「PC-1」ケーブルルート概要図
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は17日、NTT Comグループが保有する日米間海底ケーブル「PC-1」について、最新の光通信技術「100Gbpsデジタルコヒーレント」を活用した光伝送システムを導入した。

 NTT Comは、2011年10月に、日米間ルートにおけるデジタルコヒーレント技術を活用した100Gbps光通信実証実験に世界で初めて成功している。「PC-1」では、実証実験の結果を踏まえ、中継器の配置間隔や光学特性を考慮した光ファイバーの配置・伝送設定など、ネットワーク設計を工夫することで、日米間ルートにおける本技術の商用導入を世界で初めて実現した。

 これにより、「PC-1」の設計通信容量は、現行の3.2Tbpsから約2.5倍の8.4Tbpsに拡張される。

 今後NTT Comでは、アジアの主要都市を結ぶ海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express(略称:ASE)」などにおいても、デジタルコヒーレント技術を活用した100Gbps光伝送システムの導入を進め、2014年中の完成を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top