【ネット選挙】シマンテックと共同通信デジタル、議員・候補者向け「なりすまし対策」を提供開始 | RBB TODAY

【ネット選挙】シマンテックと共同通信デジタル、議員・候補者向け「なりすまし対策」を提供開始

エンタープライズ セキュリティ

議員・候補者サイトに掲載されるダブルブランドの「ノートンセキュアドシール」のイメージ
  • 議員・候補者サイトに掲載されるダブルブランドの「ノートンセキュアドシール」のイメージ
  • 「THE OFFICIALS」における、ダブルブランドのノートンセキュアドシールのイメージ
  • サービス概要
 シマンテックと共同通信デジタルは5日、ネット選挙解禁を受け、議員・候補者のなりすまし対策において、新サービスを共同提供することを発表した。情報サイト「THE OFFICIALS」と「ノートンセキュアドシール」の提供を開始する。

 共同通信デジタルが7月5日より提供する情報サイト「THE OFFICIALS」は、認証された議員および候補者のWebサイトやソーシャルメディアのURLを掲載するサイト。議員・候補者の公式ウェブサイト、公式Twitterアカウント、公式Facebookページについて、そのアカウントが本人の運営するもので間違いないかを、共同通信デジタルが確認、シマンテックがその実在性を認証する。サイト上では、「ノートンセキュアドシール」を表示させる。なお、今回提供される「ノートンセキュアドシール」は、共同通信デジタルとシマンテックのロゴを配した、オリジナルのダブルブランド仕様となっている。

 従来シマンテックでは、政党および議員サイトにEV SSLサーバ証明書を提供するなど、“Webサイトのなりすまし対策”をサポートしているが、今回の共同通信デジタルとの新サービスによって、“ソーシャルメディアのなりすまし対策”へのソリューション提供を実現したとしている。

 あわせて議員・候補者Webサイト向けに、「ノートンセキュアドシール」の提供を開始する。企業・団体向けのドメイン認証サービスとして提供していたトラストシールを、政党、議員・候補者など個人に対する認証サービスまで拡大し、共同通信デジタルがその販売を行う。

 なお今後、シマンテックと共同通信デジタルでは、議員や候補者だけではなく、著名人などの個人にも「ノートンセキュアドシール」サービスを展開する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top