“ツートップ戦略”効果は限定的か……6月の携帯契約者数、NTTドコモは純減 | RBB TODAY

“ツートップ戦略”効果は限定的か……6月の携帯契約者数、NTTドコモは純減

 電気通信事業者協会(TCA)は5日、携帯各社6月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモは2013年1月以来の純減となり、5月に発表した夏モデルの効果が現れなかった格好だ。

IT・デジタル スマートフォン
ツートップのひとつ「GALAXY S4 SC-04E」
  • ツートップのひとつ「GALAXY S4 SC-04E」
  • 「Xperia A」の売れ行きはかなり好調のようだが、、、
  • NTTドコモ契約者数
  • KDDI(au)契約者数
  • ソフトバンク契約者数
  • ウィルコム契約者数
 電気通信事業者協会(TCA)は5日、携帯各社6月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモは2013年1月以来の純減となり、5月に発表した夏モデルの効果が現れなかった格好だ。

 各社の契約者数は、NTTドコモが61,623,200件で5,900件の純減、KDDI(au)が38,378,100件で232,200件の純増、ソフトバンクモバイルが33,290,000件で248,100件の純増と、大手3社ではNTTドコモ以外は純増となった。ウィルコムも5,199,000件で31,800件の純増。

 MNPでは、KDDIが85,300件増、ソフトバンクが59,900件増とこの2社が転入超過、ドコモが146,900件減の転出超過となった。NTTドコモでは夏モデルなど新モデルの販売やiモード端末からの移行は順調だが、MNPの転出超過が純減の原因としている。一方、KDDIはこれで21ヵ月連続でMNPトップとなっている。

 夏モデル“ツートップ”として「Xperia A」「GALAXY S4」を発表直後に特別価格で投入するなど、MNP巻き返しを図ったNTTドコモだが、6月の契約者数を見た限りでは効果は限定的だったと言えそうだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top