ウィルコム、危険度を音と光でお知らせ「迷惑電話チェッカー」発売……振り込め詐欺防止 | RBB TODAY

ウィルコム、危険度を音と光でお知らせ「迷惑電話チェッカー」発売……振り込め詐欺防止

IT・デジタル その他

「迷惑電話チェッカー WX07A」(エイビット製)
  • 「迷惑電話チェッカー WX07A」(エイビット製)
  • 「迷惑電話チェッカー WX07A」背面
  • モジュラージャックと電話機本体の間に設置
  • 安全な番号からは下部が青に
  • 迷惑番号リストに登録されている電話番号からの通話は赤となる
  • 東京都西東京市で実証実験も行う
 相変わらずあとを絶たない振り込め詐欺やしつこい勧誘電話だが、これらを対策する迷惑電話チェックアダプタ「迷惑電話チェッカー WX07A」(エイビット製)をウィルコムが4日発表した。今日から発売される。

 「迷惑電話チェッカー WX07A」は、固定電話にかかってきた電話番号が迷惑電話かどうかを判別して知らせてくれる機器。電話機本体と回線の間に設置し、音声と光の色分けで安全度を通知してくれる。

 迷惑電話番号情報(提供元:トビラシステムズ)は、2013年7月時点で既に2万件以上が登録されており、今後ユーザー同士で迷惑電話情報を共有することにより、さらに番号情報が追加されていく。任意で拒否登録や許可登録をすることも可能。

 危険度は本体下部のランプで通知。「青」は「許可」と自身で登録した安全な電話番号、「黄」は公衆電話、または番号通知ありのリストにない電話番号、「赤」は共有した迷惑番号リストに登録されている電話番号、または「着信を拒否」と登録した電話番号となる。

 迷惑番号保存件数(ユーザー同士で共有する迷惑番号の保存件数)は最大30,000件、拒否登録件数は300件、許可登録件数も300件。本体サイズは幅100mm×高さ44mm×奥行70mm(突起部を除く)、重量は137g。

 ウィルコムでは「迷惑電話チェッカー」専用の料金プランを設定。基本使用料月額210円とオプション料月額490円がかかるが、2013年9月利用分までの基本使用料が割引され、オプション料のみで利用できるキャンペーンを実施する。

 また、同社では東京都西東京市で「迷惑電話チェッカー」を希望する家庭に同機を配布し、迷惑電話番号情報の収集および迷惑電話などによる被害防止に活用する実証実験を開始することを明らかにした。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top