KDDI、光海底ケーブル「SJC」運用開始……アジア7か国と米国間を最短ルートで結び付け | RBB TODAY

KDDI、光海底ケーブル「SJC」運用開始……アジア7か国と米国間を最短ルートで結び付け

ブロードバンド テクノロジー

ネットワーク概念図
  • ネットワーク概念図
 KDDIは27日、日本をハブとしてシンガポールなど東南アジアのデータセンターと米国西海岸のデータセンターとの間を最短ルートで接続しする光海底ケーブル「South-East Asia Japan Cable」(SJC) の運用を開始した。

 「SJC」は、日本とシンガポールを接続する、総延長約8,900kmの光海底ケーブル。28Tbpsの大容量通信を可能としており、東南アジア全域(中国本土、香港、フィリピン、ブルネイ、シンガポール、タイ(計画中))に分岐する。

 総建設費は約4億米ドルで、China Telecom、CTGlobal(中国)、China Mobile International(中国)、Donghwa Telecom(香港)、Globe Telecom(フィリピン)、Google(米国)、SingTel(シンガポール)、Telin(インドネシア)、TOT(タイ)が参画している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top