Google Play、現在も400個以上の「悪質出会い系アプリ」が公開中 | RBB TODAY

Google Play、現在も400個以上の「悪質出会い系アプリ」が公開中

ブロードバンド セキュリティ

悪質な出会い系アプリ起動時に表示されるWebページ
  • 悪質な出会い系アプリ起動時に表示されるWebページ
  • 悪質なアダルト出会い系アプリの例
  • 記事まとめサイトの記事リンクをたどると悪質な出会い系サイトに誘導される
 マカフィーは7日、同社公式ブログにて、Google Play上で増え続ける悪質なアダルト出会い系アプリに関する情報を公開した。同日の時点で400個以上の「悪質出会い系アプリ」が公開されており、そのうち約130個は現在もなおGoogle Play上に存在するという。

 悪質な出会い系サービスの仕組みとしては、「サクラ」を用いて決して出会うことのできない相手と連絡を取り合うためにユーザーにサービス使用料を払わせ続けたり、使ってもいない有料サービスに対する架空請求を行ったりするものだ。「悪質出会い系アプリ」は、既存のWebサイトをアプリ上に表示するだけだったり、端末のWebブラウザを起動してそれらのサイトを表示したりするだけのものがほとんどだ。

 同社のMcAfee Mobile Researchでは、4月初めから6月初めまでに累計約600個のワンクリック詐欺アプリを確認するとともに、アダルト出会い系サイト詐欺を行うアプリがGoogle Play上で増加していることも確認したとしている。特に5月以降、毎日のように複数個の「悪質出会い系アプリ」がアップロードされており、現存するアプリのダウンロード総数は90,000~310,000回に上ると見られている。

 また、一連のワンクリック詐欺アプリの開発者が、悪質な出会い系アプリも開発・公開していることも確認されている。内容は、単に悪質な出会い系Webサイトを表示するだけのものに加え、悪質サイトへの広告もどきのリンクを張っているもの、出会い系サイトの紹介リンク集として比較的安全とされている他の出会い系サイトとともに悪質サイトも紹介しているもの、某有名オンライン掲示板のまとめアプリとして偽の記事スレッドにより読者を悪質サイトへ誘導するもの、などさまざまだという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top