ビックカメラ、LTE通信&Wi-Fi対応のオリジナルSIMカードを提供開始……月額945円 | RBB TODAY

ビックカメラ、LTE通信&Wi-Fi対応のオリジナルSIMカードを提供開始……月額945円

ブロードバンド 回線・サービス

「BIC SIM powered by IIJ」の内容
  • 「BIC SIM powered by IIJ」の内容
  • プラン内容
  • 取り扱い店舗
 ビックカメラは5日、インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する「LTE」に対応したデータ通信サービスに加え、オリジナル特典として公衆無線LANサービス(Wi2 300)がついた「BIC SIM powered by IIJ」を発表した。

 NTTドコモが提供する全国エリア(全国人口カバー率:3G 100%/LTE 75%)に対応し、LTEエリア外であっても、3G網に自動接続が可能。LTEエリアでの受信速度は、下り最大112.5Mbps(上り最大37.5Mbps)。

 公衆無線LANサービス「Wi2 300」は、ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する無線ブロードバンド・インターネット接続サービス。「BIC SIM powered by IIJ」購入者に対して独自で提供するもので、本サービスを解約すると、Wi2 300のアカウントも利用終了となる。

 プランは、「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」という、月間の通信量などが異なる3つのタイプを用意。オリジナル特典として「Wi2 300」のアカウントを提供する。5日より、「ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」の取り扱い店舗、およびインターネットショッピングサイトにて予約受付を開始、6月14日より提供を開始する。

 「ミニマムスタートプラン」は、月間通信容量500MBで、SIM1枚、月額料金945円のプラン。「ライトスタートプラン」は、月間通信容量2GBで、SIM1枚、月額料金1,974円のプラン。「ファミリーシェアプラン」は、月間通信容量2GBMBで、SIM最大3枚、月額料金2,940円のプランとなる。なお月額料金の他、初回のみパッケージ代金として3,150円が必要。月間通信容量を超えた場合、上り下り最大200kbpsの速度となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top