ゴールデンボンバーが効果音“吹き替え”……『ワイルド・スピード EURO MISSION』 | RBB TODAY

ゴールデンボンバーが効果音“吹き替え”……『ワイルド・スピード EURO MISSION』

エンタメ フォトレポート

ゴールデンボンバーが効果音“吹き替え”
  • ゴールデンボンバーが効果音“吹き替え”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
  • ゴールデンボンバー“イタ車/痛車”
 先に『ワイルド・スピード EURO MISSION』とのコラボでハリウッド進出と伝えられたゴールデンボンバーだが、コラボ内容が「TVスポット用効果音の吹替え」だったことが判明した。メンバーが、CMの効果音を肉声で吹き替えた。

 4日、収録後に東京のアークヒルズ、アーク・カラヤン広場で『ワイルド・スピード EURO MISSION』公開記念イタ車お披露目式イベントが開催された。イベントで明かされたアフレコ内容は次の通り。

喜矢武豊:「ブルン!ブルン!」(エンジン)
鬼龍院翔:「シューーーーーーーードーーーーン」(爆発音)
歌広場淳:「ドオオオオオオン」(クラッシュ音)
樽美酒研二:「クルックー、クルックー」(雰囲気音)

 最初にオファーを受け、喜びのコメントを寄せていた喜矢武は、「車の音なので、ある意味主役」と、前向きに語っていた。ハリウッドデビューに向け英語は大丈夫かと聞かれた喜矢武は「ハヴ・ア・ナイスデー」。鬼龍院は「ほら、準備万端です」と。

 イベントでは、映画劇中で大型飛行機を相手に活躍を見せるイタリア車のアルファロメオ『ジュリエッタ』と、ゴールデンボンバーとのコラボ仕様が披露された。イタ車には違いないが、メンバーそれぞれのビジュアルがデザインされた“痛車”でもあった。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top