LTE対応「ほぼスマホ」、イオン200店舗で販売……モバイルルータとのセットも | RBB TODAY

LTE対応「ほぼスマホ」、イオン200店舗で販売……モバイルルータとのセットも

IT・デジタル スマートフォン
「ほぼスマホ」の端末「MEDIAS NE-202」とモバイルルータのセットも提供される
  • 「ほぼスマホ」の端末「MEDIAS NE-202」とモバイルルータのセットも提供される
  • 「MEDIAS NE-202」は、「N-07D」がベース
  • 関東地区の取扱店
 イオンリテールとNECビッグローブは30日、Android搭載端末とLTE通信、通話アプリをセットにした「ほぼスマホ」(MEDIAS for BIGLOBE LTE)を、本州と四国のイオン200店舗で6月1日から販売すると発表した。

 「ほぼスマホ」は、Android搭載端末「MEDIAS NE-202」と、NTTドコモのXi/FOMAの両エリアで利用可能な高速モバイル通信「BIGLOBE LTE・3G」用SIMカードを組み合わせたサービス。いわゆる携帯電話回線を利用した“通話”はできないが、アプリで通話を行えるようになっている。通話アプリ「BIGLOBEフォン・モバイル」がプリインストールされており、「050」で始まる電話番号も使える。

 端末の「MEDIAS NE-202」は、「N-07D」をベースとしたモデル。OSはAndroid 4.0、4.3型液晶搭載で、ワンセグやBluetooth4.0、GPS、赤外線通信、フルブラウザ、ATOK9/T9といった機能を装備する。

 これまでBIGLOBEのWebサイトや電話での申し込みだったが、6月からイオンリテールの各店舗でも取り扱われる。月額は2,980円から。NECアクセステクニカ社製のLTE対応最新モバイルルータ「Aterm MR02LN」をセットにしたサービスも提供される。また、「MEDIAS NE-202」、モバイルルータ単体でも販売し、「MEDIAS NE-202」が59,800円で、「Aterm MR02LN」が23,800円となる。

 本州と四国のイオン200店舗で始まる「ほぼスマホ」販売だが、イオンリテールでは今後全国の店舗に拡大する予定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top