ミクシィ、創業社長の笠原氏が退任……新社長に現・経営企画室長の朝倉氏 | RBB TODAY

ミクシィ、創業社長の笠原氏が退任……新社長に現・経営企画室長の朝倉氏

 ミクシィは15日、新経営体制を発表した。創業社長である笠原健治氏が取締役会長となり、新社長に、現・執行役員 経営企画室長の朝倉祐介氏が就任する。

エンタープライズ 企業
創業社長の笠原 健治氏
  • 創業社長の笠原 健治氏
  • 朝倉祐介氏(新任代表取締役候補者)の略歴
  • 取締役体制(2013年6月25日定時株主総会後)
 ミクシィは15日、新経営体制を発表した。創業社長である笠原健治氏が取締役会長となり、新社長に、現・執行役員 経営企画室長の朝倉祐介氏が就任する。

 その他、取締役 最高財務責任者を荻野 泰弘氏、取締役 最高事業責任者を川崎 裕一氏、取締役 最高技術責任者を松岡 剛志氏が務める。

 6月25日開催予定の定時株主総会およびその後の取締役会を経て、正式に決定する。なお笠原氏は同日で代表取締役の任期満了を迎える予定だ。

 新代表となる朝倉氏は、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン、ネイキッドテクノロジーを経てミクシィに入社。現在30歳。笠原氏は「常に冷静でありながらそしてときには情熱的に、物事をバランスよく判断いたします」と評している。また自身については「過去に4つのサービスを立ち上げてきた経験から、0を1にする新規事業の立ち上げにもっとも価値を発揮できると思っています。取締役会長として、新経営体制を最大限サポートしつつ、mixi、Find Job!以上にインパクトを持つ新しいサービスを生み出していきたいと思います」として、会長職の立場で、新規サービスの開拓に注力するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top