【日本ホビーショー 2013】ホビークッキングフェア 日本の手作りソウル | RBB TODAY

【日本ホビーショー 2013】ホビークッキングフェア 日本の手作りソウル

エンタメ その他

ビックサイト会場入り口は長蛇の列(日本ホビーショー 2013)
  • ビックサイト会場入り口は長蛇の列(日本ホビーショー 2013)
  • 生活の木のラベンダーとソープを使ったアレンジメントデコ講習会(日本ホビーショー 2013)
  • 絹糸を使って絵を描くシルクスレッドアートは今後注目(日本ホビーショー 2013)
  • 「ルクエスイーツ協会」ブース(日本ホビーショー 2013)
  • デコ寿司の実演(日本ホビーショー 2013)
  • サントリーブースでは自宅でできる果実酒づくりを提案していた(日本ホビーショー 2013)
  • ホビークッキングフェアのメインステージでは料理研究家による料理教室が(日本ホビーショー 2013)
  • ニードルアートの歴史を振り返る展示スペースも(日本ホビーショー 2013)
 4月25日から4月27日まで、東京ビックサイトで開催された日本ホビーショー ホビークッキングフェア。アジア最大のホビーショーに業界の関係者と愛好家が集結し、会場は手作り好きの熱気に包まれた。

 日本ホビーショーでは、ミシン、ニット、ニードルワークなどの手芸用機器や材料メーカー、ショップが出展し、実演会や即売会を実施。クリエイターによる作品発表スペースや世界の針仕事の歴史を振り返る展示スペースなども設けられた。

 ソーイング関係の展示が多い中、アロマテラピー専門店をチェーン展開する「生活の木」ブースではラベンダーとソープを使ったアレンジメントデコの講習会やクラフト用ハーブの詰め放題などを展開、盛況を見せた。

 フジックスの提案するシルクスレッドアートは、絹糸を接着剤で張り付ける新感覚のアートデコ。絹糸を細かく刻んで複数の色を絵具のように混ぜたり、糸のほぐし方を工夫することで独特の質感を表現できる。刺繍のように裏面に突き抜けて縫う必要がないので、あらゆる素材に応用できるのも魅力だ。

 ホビークッキングフェアでは、食品メーカーや地方の食品名産店が出展し、家庭料理でのアレンジメントテクニックなどを披露した。

 日本デコずし協会では巻き寿司の断面が絵や模様になっている「デコずし」の実演。「米と米粉の体験ステージ」メインステージではイケメン料理研究家寺田真二郎氏と本田よう一氏による、おかわりせずにいられない「ごはんの友レシピ」料理教室など、彩りある家庭料理を楽しく学べるデモストレーションが会場各所で行われた。

 電子レンジで簡単に調理できる器具が人気のルクエブースでは、4分でパンが焼ける「ルクエ スチームロースター」や自宅で手軽にマカロンが作れる「ルクエ マカロンキット」を展示。会場特別価格での即売会も行われた。

 詳細レポートをイベント情報サイトのExpoTODAYが公開している。
《小林 佳央里》

関連ニュース

特集

page top