ロンブー亮、ミキティ庄司のヨーグルトレシピで新婚田丸麻紀のダンナのメニューを決める | RBB TODAY

ロンブー亮、ミキティ庄司のヨーグルトレシピで新婚田丸麻紀のダンナのメニューを決める

エンタメ フォトレポート

ヨーグルトを使って料理が上手になりたいです。と田丸麻紀
  • ヨーグルトを使って料理が上手になりたいです。と田丸麻紀
  • ヘルシーなヨーグルトレシピが流行ってます。有坂翔太
  • レシピ本を見て160種類以上もある料理に感心
  • 「理想のパパ芸人」2人が搭乗
  • 新婚田丸に芸人2人がお祝いのヨーグルトケーキを持参
  • 新婚田丸に芸人2人がお祝いのヨーグルトケーキを持参
  • 家ではルンバ以下、と自虐するロンブー田村亮
  • 自慢のヨーグルト料理を披露
 牛乳を使った料理というのは、日本でも一般的だが、ヨーグルトを使った料理というのはあまりなじみがないかもしれない。シリアル類に牛乳の代わりにヨーグルトを使う程度で、多くの人はそのまま食べるのが普通だろう。ヨーグルト製品もそれを前提に、味をつけたり果物を入れたりしたものがほとんどで、料理に使いにくかったりする。

 ならば、ということで明治が、甘みなし、ちょっと固め、コク重視という料理用のプレーンヨーグルトを開発し、ヨーグルトレシピを一般の家庭にも広めようと、25日、1日限定イベントとして「ヨーグルトレシピガーデン」を二子玉川駅前にオープンした。オープニングイベントには、新婚ホヤホヤという女優の田丸麻紀、イケメン料理研究家有坂翔太、そして芸人の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、庄司智春(品川庄司)がゲストとして出演し、トークセッションが行われた。田村亮と庄司は、それぞれ2012年、2013年の「理想のパパ芸人ランキング」でNo.1を獲得している。

 トークセッションでは、田丸が「ヨーグルトは毎日食卓にだしています。でも、料理にはスープにまぜるくらいであまり使っていないです」と、有坂は「ヨーグルトは実はオールマイティな食材で、ヨーグルトレシピの料理はヘルシーで流行っています」と、それぞれのヨーグルト料理についての思いを語った。ヨーグルト料理についてはレシピ本も出版されており、セッションでも2冊ほど紹介されたが、その2冊のレシピを合わせただけでも160種類以上の料理があるという。

 ここで、芸人2人が新婚の田丸をお祝いするヨーグルトケーキを持って登場し、それぞれが自慢のヨーグルト料理を2品ずつ披露した。亮は「理想のパパ芸人とか言われるのはうれしいですが、嫁には、家事もしない外ヅラだけがよいと不評です。家ではルンバ(掃除ロボ)に負けてます」といいながら、ヨーグルト牛丼とヨーグルトどら焼きを紹介した。ヨーグルト牛丼は、紅ショウガをヨーグルト和えにして普通の牛丼に添えたものだ。ヨーグルトが紅ショウガをまろやかにし、さっぱり食べられる。どら焼きはあんこの代わりにヨーグルトを使ったもので、糖分やカロリーを気にしないヘルシーデザートだ。

 庄司は、「理想のパパ芸人に選ばられたのは、ひとえに嫁のおかげです。幸せなんです。子供のお風呂係は私です」と、新婚田丸に負けないノロケを連発していた。紹介した料理は、豚肉ソテー ヨーグルトソース添えとヨーグルトポテトサラダだ。豚肉ソテーはヨーグルトとの相性がよく、これも肉料理をさっぱりヘルシーに食べられるという。ポテトサラダは、マヨネーズの代わりにヨーグルトを使うもので、やはりカロリーが気になる人におすすめで、子供の人気料理をヘルシー料理にできるメリットがある。

 それぞれの料理の評価は、田丸が「どら焼きは味がおしゃれでした。ヨーグルトとごはんが合うというのも意外でした。ポテトサラダの甘味は魔法のようです」とどの料理も絶賛だった。対する有坂は、「(ショウガに和えたヨーグルトの)ピンク色が見た目にもいいですね。豚肉ソテーのヨーグルトは脂っこさをなくすいい仕事をしています。今回はソースとして使ってますが、豚肉を漬け込んでも肉がやわらかくなってよいと思います」と、料理研究家ならではのコメントだった。

 セッションの最後に、どの料理が一番かを田丸に選んでもらい、それをご主人に作ってあげるという話になった。本人はどれもおいしかったので選べないと答えに窮していたが、MCが「では、このあとのヨーグルトレシピガーデンでみなさんに本日の料理をぜんぶ試食してもらうので、人気投票で1位になったものを作ってあげてください」とまとめてイベントを終了した。

 オープニングイベントが終了したあとは、上記の4つのメニューが600食ほど用意され、駅前の主婦、買い物客、学生、サラリーマンにふるまわれていた。なお、人気投票の結果は後日、明治のウェブサイトで発表されるという。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top