1年後にはスマホがガラケーを逆転、保有状況調査……IMJ調べ | RBB TODAY

1年後にはスマホがガラケーを逆転、保有状況調査……IMJ調べ

IT・デジタル モバイル

「デジタル機器保有率(複数回答)」(IMJ調べ)
  • 「デジタル機器保有率(複数回答)」(IMJ調べ)
  • 「ガラケー/スマホの保有率(全体、年代別)」(IMJ調べ)
  • 「買い替え意向(左:ガラケーユーザー/右:スマホユーザー)」(IMJ調べ)
  • 「スマホへの買い替え意向を持つガラケーユーザーの買い替え時期」(IMJ調べ)
 アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、ガラケー(携帯電話)とスマートフォン(スマホ)の保有状況に関するインターネットアンケート調査結果を公表。プライベート用で現在の保有率は、ガラケーが51.8%、スマホが40.9%、ガラケーとスマホの両方持ちが7.4%であった。

 ガラケーとスマホの保有率を年代ごとにみてみると、ガラケー保有率が最も高いのは50代で64.6%、最も少ないのは20代で40.2%。ちなみに、両年代のスマホ保有率は50代が28.8%、20代が52.1%となった。

 買い替えの意向について尋ねると、ガラケーユーザーの44.4%は特別な事情がなければ買い替えず、買い替える場合はスマホへの買い替えが34.9%、ガラケーでの機種変更が14.4%。一方のスマホユーザーは56.3%がスマホでの機種変更で、ガラケーへの買い替えは5.3%、特別な事情がなければ買い替えないは34.5%であった。

 そこで、スマホへの買い替え意向を持つガラケーユーザーに買い替え時期を質問したところ、未定なのは48.1%で、半年以内が31%、1年以内が14.5%、2年以内が6.3%。この結果から今後のガラケー/スマホの保有状況を予測すると、スマホとガラケーの保有状況が1年後に逆転し、スマホのほうがガラケーよりも高くなる見込み。2年後の保有率は、ガラケー34%/スマホ57.3%になるようだ。

 なお、今回の調査はインターネット上でのアンケートで、3月14日~21日に実施、15~59歳の男女から26,418サンプルを回収した。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top