富士通、半分の薄さの非接触型静脈センサーを実用化……タブレットにも搭載可能 | RBB TODAY

富士通、半分の薄さの非接触型静脈センサーを実用化……タブレットにも搭載可能

エンタープライズ ハードウェア

新小型センサー(高さ6.0mm)と現行小型センサー(高さ11.2mm)
  • 新小型センサー(高さ6.0mm)と現行小型センサー(高さ11.2mm)
  • 世界最小・最薄・最軽量の小型センサー
 富士通、富士通フロンテック、および富士通研究所は12日、静脈認証装置としては世界最小・最薄・最軽量となる、非接触型手のひら静脈認証センサーを実用化したことを発表した。

 新センサーのサイズは、幅25.0mm×奥行き25.0mm×高さ6.0mm(従来比5.2mm薄型化)、重量約4.0g(従来比:56%減)。内蔵部品について、照明系・光学系を新たに設計し、従来製品より小型軽量、薄型になった。これにより、従来は搭載が難しかった薄型ノートパソコンやタブレットなどにも、より容易に搭載可能となる見込み。

 また、現行製品(ノートPC内蔵センサー、デスクトップパソコン用キーボード内蔵センサー、外付けセンサー「PalmSecure-SL」)を利用していても、現行小型センサーとの混在運用や移行を簡単にすべく、手のひら静脈を連続撮影し、そのなかから認証に最適な画像を瞬時に選び出して自動照合する機能など、操作性は継承されているとのこと。登録・認証データ形式の互換性も実現している。

 手のひら静脈は、指静脈などと比べて静脈の本数が多く複雑な形状のため情報量に富むことから、本人拒否率0.01%(リトライ1回)、他人受入率0.00008%といった高い認識率が実証されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top