ベライゾンとNEC、フィールドファイバを活用した高ビットレート伝送技術の実証実験に成功 | RBB TODAY

ベライゾンとNEC、フィールドファイバを活用した高ビットレート伝送技術の実証実験に成功

ブロードバンド 回線・サービス

ベライゾンホームページ
  • ベライゾンホームページ
  • NECホームページ
 ベライゾンとNECは、アメリカ時間10日、フィールドファイバを活用した地域距離および長距離向け高ビットレート伝技術実証実験において、3年連続で業界最大容量のトラフィック伝送に成功したと発表した。

 両社は、光チャネルを2つの光伝送波長帯域に拡張することによって、業界最大容量のトラフィック伝送に成功。これまでの実証実験では、単一の光伝送波長帯域を利用していたが、今回はダラス郊外にあるベライゾンのファイバループを使い、光伝送波長帯域を1帯域(Cバンド)から2帯域(Cバンド帯域+Lバンド帯域)に拡張。その結果、1800kmを超える長距離で毎秒40.5テラビット(1テラビット=1000ギガビット)、630kmを超える地域内の距離で毎秒54.2テラビットの伝送に成功したという。

 今回の実証実験において両社は、現行のフィールドファイバにて、より高い伝送帯域幅を実現することで、通信事業者が新たなファイバを増設することなく、既存のネットワークインフラをより効率的に活用できることを証明したとしている。
《》

関連ニュース

特集

page top