ダスティン・ホフマンにキスされた樹木希林 | RBB TODAY

ダスティン・ホフマンにキスされた樹木希林

エンタメ 映画・ドラマ

ダスティン・ホフマン&樹木希林/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン&樹木希林/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマンから感激のキス受ける樹木希林/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン&樹木希林/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン&樹木希林/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
  • ダスティン・ホフマン/『カルテット!人生のオペラハウス』来日会見
『クレイマー、クレイマー』、『レインマン』で2度のアカデミー賞「主演男優賞」に輝いた名優、ダスティン・ホフマン。彼が75歳にして初監督に挑戦した『カルテット!人生のオペラハウス』を引っさげ、なんと21年ぶりの来日を果たし4月9日(火)、都内で記者会見を行った。

以前から監督業に関心があったと言うが「なかなか飛び込む勇気がなくてね」(ホフマン監督)。そんな彼の背中を押したのは「もしこのシナリオで監督しないなら、別れるわ」と詰め寄った、36年間連れ添う愛妻の言葉だったのだとか。映画は、引退した音楽家たちが暮らす高級老人ホームを舞台に、穏やかな余生を送っていたレジー(トム・コートネイ)、シシー(ポーリーン・コリンズ)、ウィルフ(ビリー・コノリー)と、レジーとかつて“9時間だけ”夫婦だったジーン(マギー・スミス)が紆余曲折を乗り越えながら、ホームの閉鎖を阻止すべく、コンサートを成功させようとする姿を描いたもの。果たして伝説のカルテットが再結成し、4人の歌声が奇跡を起こすのか?

「人間誰しも歳を取るなんて思わずに生きているもの。しかし誰もが老いるし、それでも人生を生きることができると証明したいと願っている。この映画はそんなテーマを描いているんだ」とホフマン監督。たとえ名優であっても「ときには『あなたの年齢では、この役は演じられない』なんて言われることもある」そうで、「でもそんなこと言われる筋合いはないし、決めるのは僕らなんだって訴えたんだ」と映画に込めた思いを語った。

会見には代表作『卒業』以来、ホフマンの大ファンだという女優の樹木希林が駆けつけ、「まさか本物にお会いできるとは」と感激しきり。ホフマンが“ウェルカムキス”を贈ると、「私には40年間別居している夫がいるので…。すごいやきもち焼きだから、殺されないようにしないと」と、前述のホフマン監督による愛妻エピソードを吹き飛ばす発言で、会場を沸かせた。

一方、ホフマン監督は「毎日生きていることに感謝し、いまこの瞬間を大切にしたい。ここにいる若き女優…、そう希林さんがまさにそんな存在だと思います」と同世代の樹木さんに強いシンパシーを感じている様子だった。

『カルテット!人生のオペラハウス』は4月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。

ダスティン・ホフマンから感激キス受けた樹木希林「40年別居している夫がいるので」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top