間寛平らがエール!「みんなのMAEMUKI駅伝」第1走者スタート! | RBB TODAY

間寛平らがエール!「みんなのMAEMUKI駅伝」第1走者スタート!

エンタメ フォトレポート

プロジェクトの応援団長を務めるCMキャラクターの間寛平
  • プロジェクトの応援団長を務めるCMキャラクターの間寛平
  • 同じくCMキャラクターの東ちづる
  • 応援ソング「明日へ」の作詞をした久宝瑠理子
  • ロックバンドSOPHIAキーボードの都啓一は作曲を担当
  • ステージでは応援ソングを披露
  • 第一走者の福田さんが登場(中央)
  • パパイヤ鈴木が振付けを担当した体操をゲストとともに行った
  • 間寛平は体操に「きついですね~」との感想
 ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場にて6日、「みんなのMAEMUKI駅伝」スタートイベントが開催された。

 会場には同プロジェクトの応援団長を務めるCMキャラクターの間寛平と、同じくCMキャラクターの東ちづる、そして元プロサッカー選手の中山雅史が「まえ向き代表」として登場。また、一昨年ろ胞性リンパ腫を乗り越えて駅伝プロジェクトに参加したロックバンドSOPHIAキーボードの都啓一、その奥さんの久宝瑠理子も登壇し、CM楽曲の「明日へ」を披露した。

 毎週日曜の昼から東京FMで放送予定の「アメリカンホーム・ダイレクト MAEMUKISM」のパーソナリティを務める中山雅史は「いろんな情報を発信していきます」「僕自身も走ります」「いろんな困難障害があると思いますが、それを乗り越えた先には明るい何かがある。皆さん勝ち取ってください」と応援メッセージ。
 「みんなのMAEMUKI駅伝」は、一般から募集した約1500人のランナーが47都道府県、約8000キロを数キロずつ走りタスキを渡していく。ゴールは10月17日。ステージには第一走者の福田さん(32歳)が登場。「先月祖母をガンで亡くしました。祖母が少しでも喜んでくれるかと思い参加しました」ときっかけを語るとともに「マラソンは全くの初心者なんですが、この日のために練習をしたので、皆さんにタスキをつなげられるように頑張りたいと思う」と抱負を語り、スタートを切った。

 間寛平は「タスキには汗がしみ込んでる、それを皆がつないでいくのはいいですね」「前に進む心、“前心”をもってやっていかなあかんなと思う」「皆さん、前向き前向きですよ」とコメント。東ちづるは「私も走るんですが、ワクワクしてる」としながら「前向きというと無理しなきゃいけないと思う人もいるかもしれないけど、立ち止まったり振り返ったり座り込んだりもしながらも、それは前向きの準備だと思ってそれぞれのペースでいけたらいい」「みんなそれぞれの運命と戦っていると思うんで参加資格は全員にあると思う」と話した。

 都啓一は「病気と闘っていくというのは辛いことや大変なこともたくさんあると思うけど、それでも一瞬一瞬笑顔で前向きな気持ちで生きていきたい。そういう気持ちでいてほしい」と自信の過去を振り返りながらコメント。過去、夫である都の参加を見守ってきた久宝瑠理子も「支える側もいろんな思いで大変だと思うんですけど、参加して応援するもよし、走るもよしで、少しでも一歩一歩前に進んでくれたら」と思いを語った。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top