パンテーンが発見、「水」に潜む髪へのダメージ要因とは? | RBB TODAY

パンテーンが発見、「水」に潜む髪へのダメージ要因とは?

エンタメ その他

新成分「ダメージブロッカー」の働き
  • 新成分「ダメージブロッカー」の働き
  • 水に含まれる銅イオンは髪の表面に蓄積し、ダメージを引き起こす
  • ダメージブロッカーが銅イオンを選択し、取り込む
  • 水に含まれる銅イオンだけでなく、髪の表面に蓄積した銅イオンも取り除く
  • 新パンテーン シリーズ「エクストラ ダメージケアシリーズ」「シルキー スムースケアシリーズ」
  • 製品名/サイズ/価格
 P&Gは3日、「水」に潜むダメージ要因から髪を守る新パンテーン シリーズ「エクストラ ダメージケアシリーズ」「シルキー スムースケアシリーズ」の全国販売を開始した。これまで知られていなかった「水」に潜むダメージ要因に対応したのが特長だ。

 従来「髪のダメージの原因」としては、濡れた髪および無理なブラッシングによる摩擦、ブロー時の熱や紫外線や パーマ、カラーリングなどが主な要因と考えられていた。パンテーンでは、ダメージ要因についての研究を続けた結果、「水」に含まれるミネラルの1つである「銅イオン」が、髪を洗うたびに髪に蓄積し、髪の外側だけでなく、内側からもダメージを引き起こしている事実を発見したとしている。銅イオンが健康な髪を維持するのに必要なたんぱく質の破壊・流出を促進、つまり“髪の酸化”を引き起こすという。とくに、日本人は「朝シャンも夜シャンも両方する」という女性が多く、そういう人だと1日2回も「水」によるダメージを受けることとなる。

 これを受け、パンテーンでは、「銅イオン」を選択的に取り込み無害化させる新成分「ダメージブロッカー」を開発。この新成分は、髪を洗うときに使う「水」だけでなく、髪の表面に蓄積してしまっているダメージ要因からも髪を守る成分で、今回「エクストラ ダメージケアシリーズ」と「シルキー スムースケアシリーズ」のシャンプーに採用された。「ダメージブロッカー」は、銅イオンを選択的に吸着・除去し、水に含まれる銅イオンだけでなく、髪の表面に蓄積した銅イオンも取り除くのだという。

 新「エクストラ ダメージケアシリーズ」は、濃密補修プロビタミン処方が、深刻なダメージでスカスカになった髪1本1本の内側を満たし、毛先まで補修というこれまでの効果に加え、新成分ダメージブロッカー配合で「水」に含まれるダメージから髪を守る製品となっている。

 一方、新「シルキー スムースケアシリーズ」は、モイスチャーバランス プロビタミン処方が、髪の内部を必要な潤いで満たし、髪内部の水分バランスを最適な状態に保つというこれまでの効果に加え、新成分ダメージブロッカー配合で「水」に含まれるダメージ要因から髪を守るという製品とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top