KDDI、携帯電話搭載の「エリア品質情報送信機能」をスマホにも提供 | RBB TODAY

KDDI、携帯電話搭載の「エリア品質情報送信機能」をスマホにも提供

エンタープライズ モバイルBIZ

「エリア品質情報送信機能」の概要
  • 「エリア品質情報送信機能」の概要
  • 「エリア品質情報送信機能」の設定方法
 KDDIと沖縄セルラーは28日、通信品質向上の取り組みとして、「エリア品質情報送信機能」をスマートフォンでも提供開始した。

 「エリア品質情報送信機能」は、通話、データ通信時におけるエリア品質、発生場所(GPS位置情報含む)、電波状況を自動収集・送信する機能。auケータイにはすでに搭載されている。送られたエリア品質情報は、統計的に分析が行われ、通信エラーが発生した場所、不満のある場所の電波状況の改善に役立てられる。「エリア品質情報送信機能」は、ユーザー側でいつでもON/OFFが可能。

 機能は、「au Wi-Fi接続ツール」アプリの一部機能として提供されるため、3月28日に「au Wi-Fi接続ツール」のアプリ更新を行い、本機能に関する案内を行うとのこと。対象機種(スマートフォン、タブレット)は、XPERIA VL、AQUOS PHONE SERIE、ARROWS ef、optimusG、DIGNO S、VEGA、G'zOne TYPE-L、INFOBAR A02、HTC J butterfly、AQUOS PAD。今後発売されるAndroidスマートフォンにも順次対応する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top