『自分だけの特別な時間』の有無で、幸福度に3倍の開き……アイシェア調べ | RBB TODAY

『自分だけの特別な時間』の有無で、幸福度に3倍の開き……アイシェア調べ

 “時短”“時間活用”など、限られた「1人時間」をいかに有効活用するか話題になることも多い昨今。アイシェアは12日、『自分だけの特別な時間』に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は3月7日~8日で、20代~30代の男女500名から回答を得た。

エンタメ 調査
『自分だけの特別な時間』と幸福度の関係
  • 『自分だけの特別な時間』と幸福度の関係
 “時短”“時間活用”など、限られた「1人時間」をいかに有効活用するか話題になることも多い昨今。アイシェアは12日、『自分だけの特別な時間』に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は3月7日~8日で、20代~30代の男女500名から回答を得た。

 まず「1日のうちに『自分だけの特別な時間』と呼べる時間があるか」という質問に、「ある」と回答したのは34.4%。続いて『自分だけの特別な時間』をどのように活用しているのか聞いたところ、男性は「インターネット(52.5%)」が1位で、以下「音楽を聞く(42.5%)」「読書(37.5%)」「友人等との会話(37.5%)」が続いた。女性は「お菓子やスイーツを食べる(65.2%)」が1位で、以下「読書(38%)」「音楽を聞く(34.5%)」が続き、男女で時間の活用方法に違いが見られた。なお「『自分だけの特別な時間』を持てていない」と回答した人のうち、75.9%が「今後は時間を持ちたい」と回答している。

 続いて、「現在の幸福度・充実度」をパーセントで聞いたところ、『自分だけの特別な時間』が「ある」と回答した人では、74.4%が「幸福度51%~100%」と回答した。その一方で、「ない」と回答した人では「幸福度51%~100%」と回答した人は27.9%に留まった。『自分だけの特別な時間』の有無で、幸福度・充実度に約3倍の開きがあることとなる。

 さらに「『自分だけの特別な時間』に行ったことを、ブログやSNSで公開するか」を聞いたところ、45.9%が「公開する」と回答した。主な公開内容(写真)としては、男性が1位「飲食店などのお店(70.3%)」、2位「インテリア(67.6%)」、3位「友人達との集合写真(62.2%)」の順だったのに対し、女性は1位「飲食店などのお店」「手芸など趣味で作ったもの」(同率61.9%)、3位「ペットや子供」「料理や飲み物」(同率54.8%)となった。

 またその理由を聞いたところ、「思い出の記録」(57.0%)、「いいね!と褒めて欲しい」(25.3%)などが上位となり、“幸せを確認している”という様相が伺える結果となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top