ココリコ遠藤、セックスレスの夫役に「僕とは真逆のタイプ(笑)」 | RBB TODAY

ココリコ遠藤、セックスレスの夫役に「僕とは真逆のタイプ(笑)」

エンタメ 映画・ドラマ

4月スタートのフジテレビ系ドラマ「ラスト・シンデレラ」への出演が決定したココリコ・遠藤章造
  • 4月スタートのフジテレビ系ドラマ「ラスト・シンデレラ」への出演が決定したココリコ・遠藤章造
  • 「ラスト・シンデレラ」情報ページ
 お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が、篠原涼子主演で4月よりスタートするフジテレビ系ドラマ「ラスト・シンデレラ」に出演することが11日、わかった。

 同ドラマは、女性であることを忘れてしまうほどなりふり構わず仕事に没頭し、不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る“おやじ女子”たちの姿を赤裸々に描いたラブコメディ。彼氏いない歴10年で、ホルモンバランスが崩れてヒゲが生えてくるほど仕事に没頭する主人公・遠山桜役に女優の篠原涼子が起用されたことでも話題となっているが、遠藤が演じるのは、そんな桜の親友でセックスレスに悩む専業主婦・武内美樹(大塚寧々)の夫・公平役。素朴で真面目な子供2人のマイホームパパを演じる。

 同局の連ドラに出演するのは初となる遠藤は、「今でもドッキリなんちゃうかーと思うくらい信じられないし、不思議な感覚です!!! でもめちゃくちゃ楽しみです!」と、興奮気味に意気込みを語る。連ドラへの出演は、昨年放送された板尾創路主演「デカ 黒川鈴木」(日本テレビ系)の第3話へのゲスト出演を除けば、2010年1月クールの「新撰組PEACE MAKER」(TBS系)以来、約3年ぶり。「そうそうたるメンバーの皆さんの中に入れさせていただているので、化学反応を起こせたらと思います。お芝居お芝居しないで、いい意味で遊ばせてもらって、でもやるからには、ドラマの中に何か爪痕を残していきたい」と、意欲を見せた。

 今回演じる武内公平役については、「年齢設定は同じですが、自分とは真逆の性格。公平は、女性に対してあまりスイッチが入らないタイプだと思うのですが、自分はスイッチオン過ぎるんで……(笑)」と、ニヤリ。「真逆な分、みなさんより演じるのは苦労してしまいそうです」と、役作りの上での不安ものぞかせる。プライベートでは、タレント・関根勤の元マネージャーの女性と交際中とされるが、その一方で、別の女性との浮気が発覚して修羅場となったことをタレントで元妻の千秋に暴露されるなど、“スイッチオン過ぎる”遠藤だけに、「公平は、人には言えない秘密を抱えているんですが、そこの微妙な、男のもやもやした心理には共感できますね」と、意味深長に語る。また、今回のドラマではラブシーンもあるが、「今までこんなのオトナのラブシーンはやったことないですよー。どうしよー。思わず自分のいつもの癖が出たらどうしようかな(笑)という心配はありますが……。まさに体当たりの芝居になると思いますね」と、テンションがあがっている様子でコメントした。

 「ラスト・シンデレラ」は4月より毎週木曜午後10時~10時54分放送。
《花》

関連ニュース

特集

page top