北日本で暴風雪、高波、大雪……3月3日予報 | RBB TODAY

北日本で暴風雪、高波、大雪……3月3日予報

ブロードバンド テクノロジー

気象庁のホームページ
  • 気象庁のホームページ
  • ウェザーニューズのホームページ
 気象庁は、3日明け方にかけ、北日本では雪を伴った非常に強い風が吹き、北日本と北陸地方の海上は大しけとなるという予報を発表した。北海道地方では3日明け方にかけて大雪にも警戒を呼びかけている。

 発達中の低気圧が千島近海を東北東に進み、日本付近は3日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みだ。

 気象庁の予報によると、北海道地方の猛ふぶきは3日明け方にかけて続く。北海道地方では3日明け方にかけて、局地的に大雪となるところも。海上では、北海道地方の3日明け方にかけて、北陸地方では3日未明にかけて大しけとなるところがある。

 ウェザーニューズも北日本の荒天は今夜いっぱい続くと予想する。ふぶきは明朝にピークを越えて、午後ほど穏やかになるという。西・東の冷たい風も明日は収まる。


3日にかけて予想される最大風速(気象庁)
北海道地方:30メートル(最大瞬間風速:45メートル)
東北地方:25メートル(最大瞬間風速:35メートル)

3日にかけて予想される波の高さ(気象庁)
北海道地方:8メートル
東北日本海側:7メートル
北陸地方:6メートル

3日18時までの24時間に予想される降雪量(気象庁)
北海道地方:多いところで70センチ
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top