リコー、最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システムを発売 | RBB TODAY

リコー、最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システムを発売

 リコーは18日、最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システム「RICOH Conference Center(リコー カンファレンス センター)」を発表した。19日から販売を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
タブレット活用ペーパーレス会議ソリューションの概念図
  • タブレット活用ペーパーレス会議ソリューションの概念図
  • RICOH Conference Center専用サーバ の動作環境
  • 主な仕様(RICOH Smart Presenter)
  • 価格表
 リコーは18日、最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システム「RICOH Conference Center(リコー カンファレンス センター)」を発表した。19日から販売を開始する。

 会議資料をWebブラウザから「RICOH Conference Center」専用サーバにアップロードすることで、PDFファイルに自動変換し、会議参加者は手持ちのiPadで資料を同サーバからダウンロードして活用可能となる。ネットワーク対応のリコー製プロジェクターにワイヤレスで投影することも可能。iPadに配信された資料データは会議終了後に消去することもできる。

 クライアントアプリケーションには、無償提供中のアプリケーション「RICOH Smart Presenter」(旧RICOH TAMAGO Presenter)を業務仕様にバージョンアップして使用する。「RICOH Smart Presenter」では、iPadを活用して、資料の共有や閲覧ページの同期、ページ内への書き込みなどペーパーレスでの会議が可能。なお、これまで同様、RICOH Smart Presenterのみを利用したサーバレスによる少人数の会議にも対応する。

 同時開催会議数は最大150会議で、同時会議参加数は最大350台(iPad、同時に行われるすべての総参加者数)となる。会議資料数は1会議につき最大10ファイル。価格はRICOH Conference Centerサーバシステム(10クライアントライセンス付)が消費税別300,000円、RICOH Smart Presenterが無償。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top