SBモバイル、LTE-Advancedに向けた基地局間協調伝送技術の実験結果を公表 | RBB TODAY

SBモバイル、LTE-Advancedに向けた基地局間協調伝送技術の実験結果を公表

 ソフトバンクモバイルは14日、「LTE-Advanced」実現に向けた、「複数基地局間協調伝送技術」の実証実験の結果を公表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
各協調送信制御のイメージ
  • 各協調送信制御のイメージ
  • CoMPおよびECO-LTEの詳細
 ソフトバンクモバイルは14日、「LTE-Advanced」実現に向けた、「複数基地局間協調伝送技術」の実証実験の結果を公表した。

 同社では2012年5月より、LTE-Advancedの主要技術の1つ「複数基地局間協調伝送技術」について、フィールド実証実験を東京都江東区のお台場地区において実施している。今回の実験は、「基地局間インターフェイス(X2インターフェイス)」を利用するもので、隣接する複数の基地局が協調し、両方の基地局から同時に携帯電話へ同一信号を送信する「複数基地局間協調送信技術(CoMP)」、片方の基地局から携帯電話への信号送信を停止(協調送信停止)することにより無線伝送特性を改善する「複数基地局間協調送信制御技術(ECO-LTE)」の、2つの技術についての実験とのこと。なお「X2インターフェイス」を利用した「基地局間協調伝送技術」は、ソフトバンクモバイルが世界に先駆けて研究開発した技術だという。

 その結果、「CoMP」では、セル境界での下り伝送速度を約2~3倍向上できることが確認された。また、「ECO-LTE」では、セル境界での下り伝送速度を約2倍向上できることが確認された。なお、「ECO-LTE」は、LTE基地局装置に制御ソフトウェアを追加するだけで現行のLTEシステムにも対応でき、端末を変更する必要はない。

 ソフトバンクモバイルでは、今回のノウハウや測定データを活用し「LTE-Advanced」の商用サービスに向けた準備をさらに進める計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top