富士通、別府市で「処方せんの電子化実証事業」を実施……自宅から調剤情報を参照可能に | RBB TODAY

富士通、別府市で「処方せんの電子化実証事業」を実施……自宅から調剤情報を参照可能に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「処方せんの電子化システム」仕組みと活用の全体的なイメージ
  • 「処方せんの電子化システム」仕組みと活用の全体的なイメージ
  • 実証事業に参加する医療機関、薬局
  • ゆけむり医療カード
 「別府 処方箋の電子化に向けた実証事業コンソーシアム」は8日、処方せん・付帯情報・調剤情報共有サービスの実証実験を2月より開始したことを発表した。実験期間は2月1日~3月23日。

 本コンソーシアムは、「処方せんの電子化実証事業」を大分県別府市で推進している。今回、別府市内の4医療機関と6薬局の間で、電子化した処方せん情報、処方に係る患者の診療情報などの付帯情報・調剤情報を共有できる仕組み「処方せんの電子化システム」を、富士通と共同開発した。さらに、日本医師会と日本薬剤師会の協力により、医師・薬剤師の資格確認用の認証局を活用し、権限に基づいた情報参照のための認証と情報の発行者としての電子署名ができる仕組みを実装している。

 これにより、薬剤師の服薬指導や、医師による調剤結果確認などに役立てるほか、患者も自宅などから調剤情報を参照できる。コンソーシアムが別府市民向けに発行する「ゆけむり医療カード(ICカード)」により自身の調剤情報参照ができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top