スノーボードストレートジャンプ世界王者決定戦 2月23-24日 | RBB TODAY

スノーボードストレートジャンプ世界王者決定戦 2月23-24日

エンタメ スポーツ

スノーボードストレートジャンプ
  • スノーボードストレートジャンプ
 スノーボードストレートジャンプ世界最強王者決定戦「TOYOTA BIG AIR」が、2月23日と24日の2日間にわたって、札幌ドームを舞台に開催される。

 17回目となる今大会は、「HEAT UP!」をキャッチフレーズに、会場も暖かく、そして、より熱い闘いが繰り広げられる。札幌ドームを縦断するジャンプ台は、高さ36メートル、長さ125メートル、最大斜度45度の特大サイズ。このジャンプ台からどんな大技が飛び出すのか。

 年々技の進化を遂げる本大会に、招待選手10名が決定。freestyle.chやAir&Styleでも成績を残した強者揃いだ。注目は、Air&Style 北京 2012で、16歳でアジア人初優勝を成し遂げた角野友基選手。また、前回大会で日本人選手として唯一ファイナルに進出した松浦広樹選手も出場が決まっており、日本人選手初優勝への期待がかかる。

 世界各国から招聘されたのは、昨年9月に開催されたfreestyle.ch big airで優勝、2011年のTOYOTA BIG AIR優勝、前回大会は2位にとなったチャズ・グルデモンド選手(アメリカ)や、2010年大会で優勝の実績を持つ銀メダリスト、ピートゥ・ピロイネン選手(フィンランド)、また、TOYOTA BIG AIRで2回の優勝経験をもつイェロ・エッタラ選手(フィンランド)、前回大会で初出場ながら3位に食い込んだアントワンヌ・トゥルション選手(カナダ)、出場経験を持つイェルムン・ブラーテン選手(ノルウエー)、セージ・コッツェンバーグ選手(アメリカ)、そして、初出場のローペ・トンテリ選手(フィンランド)、エリック・ウィレット選手(アメリカ)。

 本戦では、招待選手10名に前日の最終予選で勝ち抜いた6名が加わり、16名の選手が世界最強王者の座をかけ闘う。

 選手同様、話題を呼ぶライブアーティストは、土曜と日曜それぞれ2組。23日は「Fear, and Loathing in Las Vegas」と「MAN WITH A MISSON」。24日は「flumpool」と「SKE48」(出演メンバー16名予定)が登場する。

 本戦の模様は、大会当日の2月24日(日)深夜0時45分からテレビ朝日系列全国ネット番組「TOYOTA BIG AIR」で放送される。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top