KDDI田中社長、LTEエリア拡大「ベタ踏みしてる」 | RBB TODAY

KDDI田中社長、LTEエリア拡大「ベタ踏みしてる」

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートフォンの普及で増大するトラフィック対策として、Wi-FiとWiMAXへのデータオフロードの目標を50%に掲げる
  • スマートフォンの普及で増大するトラフィック対策として、Wi-FiとWiMAXへのデータオフロードの目標を50%に掲げる
  • Wi-Fi経由のデータオフロード
  • 解約率は業界最低水準をキープ
  • MNP純増は15か月連続No.1
  • MNP純増は前年同期比9倍増
  • 営業利益を上方修正した
 KDDIの田中孝司社長は28日、LTEエリアの普及状況について「(基地局開設へ)ベタ踏みしているが、あとは建設能力にかかっているのが現状」と述べた。

 「お客さんの集中するスポットがポンポン動いているので、早急に対応していくことが求められる。(実人口カバー率について)来年度は100とは言わなくても、99.いくつかにはなると思う。今、2.1GHz帯では5MHz幅を使っているが、今後10MHz、15MHz幅を使って高速化を訴求していく」との見通しを語った。

 一方、決算会見では、3月までにWi-Fi等へのデータオフロードを50%とする目標が示された。Wi-Fi経由のデーターオフロードについては、住宅エリアでは「Wi-Fi HOME SPOT」を165万台、ビジネスエリアでは「au Wi-Fi SPOT」22万スポットを用意(2012年12月時点)したという。

 データオフロード計画にはWiMAXも含まれている。WiMAXを搭載する新端末はもう出てこないのかと質問されると、「現時点では何とも言いがたい。まだWiMAXスマートフォンも売っているし、オフロード効果はWiMAXの方が高いので、現時点ではそこまで決めていない」と述べた。

 また、WiMAXサービスを提供するUQコミュニケーションズについては「2.5GHz帯の開設計画はほぼ全てクリアして、この後、新たな周波数を要望している段階なので、次のステップとしては、そこ(周波数の獲得)から新たなストーリーを始める感じになる」との考えを示した。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top