コンビニと薬局、数が多いのはどっち? | RBB TODAY

コンビニと薬局、数が多いのはどっち?

エンタメ その他

人口10万人当たりの都道府県別登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2012年)
  • 人口10万人当たりの都道府県別登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2012年)
  • 「薬局」の登録件数推移(2003年~2012年)
  • 処方せん受取率の推移(2001年度~2011年度)
  • 都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯(全世帯)の医薬品の年間購入量(2011年)
 NTTタウンページは、同社が運営する販促・マーケティング支援サイト「TPDB.jp」の特別企画として、独自に抽出した都道府県ランキングを発表した。第20弾は「薬局」の都道府県別登録分布。

 コンビニエンスストアの46,134店に対し、薬局は53,001ケ所。タウンページデータベースの登録件数においても、薬局の登録件数は2003年の49,616件から2012年には56,516件と増加。特に2012年は、前年より4,457件も増えている。

 都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯当たりで見た医薬品の年間購入額は、全国平均の24,944円に対し、多いところでは広島市が33,223円、逆に少ないところでは那覇市が16,871円となっており、那覇市は広島市のほぼ半分という結果だった。

 薬局の都道府県別登録件数を人口10万人当たりで見ると佐賀県が69.54件でトップ、2位は64.63件の広島県で、上位の2県は、医薬品購入額の多い上位2県と同様であった。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top