無線LAN搭載でPCやスマホにデータ転送可能なハンディスキャナ | RBB TODAY

無線LAN搭載でPCやスマホにデータ転送可能なハンディスキャナ

IT・デジタル 周辺機器

無線LAN搭載のハンディスキャナ「YASHICA HS-420W」
  • 無線LAN搭載のハンディスキャナ「YASHICA HS-420W」
  • IEEE 802.11 b/g/nに対応
 GEANEEは25日、無線LAN搭載のハンディスキャナ「YASHICA HS-420W」を2月1日から発売すると発表した。価格はオープンで予想実売価格は9,800円前後。

 「HS-420W」は、幅258mmのハンディタイプのスキャナ。無線LAN機能を搭載しており、PCをはじめiPhoneなどのスマートフォンやタブレット端末等で取り込んだデータを簡単に閲覧・保存ができる。

 microSD/microSDHCメモリーカード(最大32GBまで)への保存に対応。保存形式はJPEG/PDFで、解像度が300/600/900dpi。A4サイズのスキャン速度は900dpiでカラーが最大約12秒/モノクロが最大約10秒となっている。

 ワイヤレスはIEEE 802.11 b/g/nに対応。Wi-Fi転送範囲は最大5m。対応OSはWindows XP SP3/Vista/7 32bit版(64bitには非対応)。インターフェースはUSB 2.0。本体サイズは幅258mm×高さ31mm×奥行32mm(突起部除く)、重量は210g。電源は単3形乾電池2本。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top