KDDI、前面からタイルボタンをなくした「INFOBAR A02」……クアッドコア搭載、LTE対応 | RBB TODAY

KDDI、前面からタイルボタンをなくした「INFOBAR A02」……クアッドコア搭載、LTE対応

IT・デジタル モバイル

今日発表された「INFOBAR A02」
  • 今日発表された「INFOBAR A02」
  • 前面からタイルボタンをなくした「INFOBAR」。カラーはNISHIKIGOI/ICE GRAY/AOAOの3種類
  • NISHIKIGOI
  • ICE GRAY
  • AOAO
  • 画面イメージ
  • 発表会会場で
  • 横の部分にタイル形状が残る
 KDDIは24日、「INFOBAR」シリーズの新機種で「4G LTE」に対応したスマートフォン「INFOBAR A02」を発表した。2月中旬以降、関東・沖縄から順次発売を開始する。

 「INFOBAR」といえば、タイル状のボタンデザインが特徴的だが、「INFOBAR A02」では同シリーズで初めて前面からタイルボタンが排され、全面液晶パネルとなった。製造はHTC。

 ディスプレイ部は、4.7インチのCG-Silicon TFT液晶で解像度は1280×720ピクセル。OSはAndroid 4.1、CPUは、クアッドコアの「APQ8064」(1.5GHz)、メモリは1GB、ストレージは16GB、外部ストレージとして、最大32GBのmicroSDHCカードに対応する。

 メインカメラは約800万画素CMOS、サブカメラは約210万画素CMOS。メインカメラはF値2.0の明るいレンズを採用し、高速起動および連写機能も用意されている。

 通信は、4G LTE(800MHz、1.5GHz)に対応。ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0、Wi-Fiテザリングにも対応しており、最大8台まで接続できる。IPX5/7クラスの防水性能、IP5Xクラスの防塵機能も搭載した。

 そのほか、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、ワンセグ、DTCP-IP、auスマートパスといった便利機能も搭載。バッテリー容量は2100mAhで、連続待受時間はLTEで約430時間、3Gで約450時間、3Gでの通話時間は約900分となっている。

 本体サイズは幅70mm×高さ138mm×奥行9.7mm、重量は147g。ボディデザインはNISHIKIGOI/ICE GRAY/AOAOの3種類用意される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top