第2回「ソーシャル防災訓練」が、渋谷で開催……ヤフー、Twitter、森ビル、J-WAVEが協力 | RBB TODAY

第2回「ソーシャル防災訓練」が、渋谷で開催……ヤフー、Twitter、森ビル、J-WAVEが協力

 ヤフー、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルは23日、災害時にソーシャルメディアを効果的かつ正しく利用するためのイベント「ソーシャル防災訓練」の第2回を行うことを発表した。第1回は、六本木で開催されたが、今回は渋谷駅周辺エリアでの開催となる。

ブロードバンド その他
「第2回ソーシャル防災訓練」サイト
  • 「第2回ソーシャル防災訓練」サイト
  • 訓練内容
  • 前回のソーシャル避難訓練の模様
 ヤフー、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルは23日、災害時にソーシャルメディアを効果的かつ正しく利用するためのイベント「ソーシャル防災訓練」の第2回を行うことを発表した。第1回は、六本木で開催されたが、今回は渋谷駅周辺エリアでの開催となる。

 2月6日に、渋谷区が東京都と協力して同日に行う「渋谷駅周辺帰宅困難者対策訓練」の一環として実施する。訓練では、首都直下型地震が発生したと想定し、避難訓練を開始。避難訓練の内容、参加方法を説明したのち、一旦解散し、東京都/渋谷区Twitterアカウントや、ヤフーが提供するアプリ「防災速報アプリ」により通知される大規模地震発生(想定)の情報をもとに避難を行う。また避難中の様子や災害時、危険を感じる場所についてTwitterへツイートしながらゴールを目指す。予定時間は9時00分~12時00分(受付は8時半から)。

 昨年9月に行われた、第1回「ソーシャル防災訓練」では、約100名が参加した。第2回の訓練では渋谷区や東京都などと協力することで、より実際の災害時に近い状況での訓練を実施するという。また、インターネット上(被災していない想定)から避難訓練参加者(被災している想定)を支援する支援訓練プログラムも実施する。

 参加者はサイトにて100名を募集。応募資格は、Twitterのアカウントを開設していて、当日Twitterや防災速報アプリにアクセスしながらイベントに参加できる人。参加費は無料。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top