『スキップ・ビート!』、台湾版実写ドラマが日本でDVDに | RBB TODAY

『スキップ・ビート!』、台湾版実写ドラマが日本でDVDに

エンタメ その他

 
  •  
  •  
  • 牧野由依さん
  • 田野アサミさん
仲村佳樹さんが「花とゆめ」に連載中の人気少女マンガ『スキップ・ビート!』が、台湾で『スキップ・ビート!~華麗的挑戦~』として実写ドラマ化された。
主役をつとめるのは、人気女優のイーハン・チェンと、K-POPグループ"SUPER JUNIOR"のメンバー、シウォンとドンへの3人である。製作費に1億台湾ドル(約3億円)を投じた大作で、現地では大ヒットとなっている。

この人気ドラマが、DVD-BOXとして、日本で始めてソフト化されることになった。4月10日に2本同時発売される。
吹き替えは、主人公・最上キョーコを牧野由依さんが、キョーコのライバル・琴南奏江を田野アサミさんが担当する。このほど合同取材で、ドラマの吹替えは初挑戦という二人が収録の様子や作品の魅力について語った。

牧野さんは「吹替えの仕事は前からやりたかった仕事のひとつで、お話を聞いたとき、できるかわからないけど、絶対やりたい! と思いました。アフレコは実際に人が演じた原音を聞きながらのお芝居になる。目に入ってくる情報量が多いという印象をもった。最初は難しかったけど、いろいろな方からアドバイスを頂き、最近は楽しいなと感じるようになった。」と語った。

また、田野さんは「声のお仕事は2年目。最初はすごく緊張したが、アニメよりもナチュラルに演じることができた。最初の登場シーンで少し自分に似ているなと感じる部分があったからノリノリに演じることが出来た。私史上、一番ハスキーな、どちらかと言うと地に近い声で演じています」と明かす。

アニメと吹替えの違いについて、牧野さんが「マイクとの距離感もアニメと違う。お芝居もナチュラルな部分もあって、舞台での演技にも近いかもしれない。」と話すと、田野さんも「アニメでは実際に出さない音や言葉も表現することがあるけど、吹替えだともう少しリアルな、ナチュラルな演技が多い」と振り返る。
ただ、牧野さんの演じるキョーコは原作でもドラマでも、キャラクターの喜怒哀楽が激しいキャラクターで、牧野さんが「そういった意味では、結構自由に演じさせてもらったかも」と告白。すると田野さんから「めちゃくちゃキョーコだったよ!」とすかさずツッコミが入った。

これから作品に触れる人へのメッセージとして、牧野さんは「原作もアニメも人気の作品。特に原作ファンは実写になったらどうなっちゃうの?と思う人もいるかもしれないけど、すごく楽しい作品になっています。コミカルな部分も実写でもしっかり描かれているし、演じている役者さんたちもとても魅力的です。」 
田野さんは、「私が演じた奏江がキョーコに心を開いていくように、みんなキョーコに心奪われいくと思う。彼女が自分でみつけていくキラキラした世界を一緒に楽しんで欲しい。吹替えに初挑戦した私たち二人も是非見てほしい。」と、それぞれドラマの魅力をアピールした。
[多摩永遠]

『スキップ・ビート! ~華麗的挑戦~』
4月10日(水)発売 
BOX I  5枚組 15750円(税込)
BOX II 6枚組 18900円(税込) 



原作:仲村佳樹(「花とゆめ」連載)
提供:アミューズソフトエンタテインメント、TBS
発売元:アミューズソフト/TBS 販売元:アミューズソフト

「スキップ・ビート!」台湾ドラマ版がDVD BOX 牧野由依と田野アサミが吹き替え初挑戦

《animeanime》

関連ニュース

特集

page top