Javaの脆弱性を修正する緊急パッチ公開 | RBB TODAY

Javaの脆弱性を修正する緊急パッチ公開

ブロードバンド セキュリティ

(イメージ)
  • (イメージ)
トレンドマイクロ株式会社は1月14日、Java 7に存在するゼロデイ脆弱性に対応する緊急修正プログラムが公開されたとしてブログで早期適用を呼びかけている。この脆弱性については、修正プログラム公開前にすでにサイバー攻撃で悪用されていることが確認されており、同社は1月11日に注意喚起を発表している。この脆弱性を利用した不正プログラムは、「Blackhole Exploit Kit(BHEK)」や「REVETON」という「身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)」の亜種を拡散させる「Cool Exploit Kit(CEK)」といった攻撃ツールで利用されている。

今回公開された修正プログラムには、「CVE-2013-0422」と「CVE-2012-3174」の2つの脆弱性に対する修正に加え、Javaのセキュリティレベルを「中」から「高」にするという初期設定の変更が含まれている。この初期設定の変更によって、署名がされていないJavaアプレットが実行される際にユーザに警告が表示されるようになる。同社では、Javaを使用しているユーザは修正を早急に適用することを推奨するほか、Javaを利用していて何らかの理由で修正プログラムが適用できない場合には、Webブラウザのプラグイン、アドオンなどの設定で Java を無効にすることで、外部 Webサイトを経由した攻撃からのリスクを回避できるとしている。Javaが不要な場合には、Java 自体をアンインストールすることも選択肢のひとつとしている。

Javaの脆弱性を修正する緊急パッチ公開、早急な適用を呼びかけ(トレンドマイクロ)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top