パナソニック、クラウド型のコンテンツ制作・閲覧「Contents Performer」企業向けに提供開始 | RBB TODAY

パナソニック、クラウド型のコンテンツ制作・閲覧「Contents Performer」企業向けに提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • サービスロゴ
  • 概要
 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは11日、クラウド型のコンテンツ制作・閲覧サービス「Contents Performer(コンテンツパフォーマ)」の提供を開始した。

 「Contents Performer」は、コンテンツ管理システムと端末専用ビューアアプリ(スマートフォンやタブレット等のスマートデバイス端末にインストール)で構成されるクラウド型サービス。動画・音声解説付マニュアル、電子教材、社内の提案資料・カタログなどのドキュメントを、コンテンツとしてサーバに登録し、利用期限や閲覧権限範囲を設定して、スマートデバイス端末に配信するといった利用方法を想定している。ユーザー権限に基づいて、配信期限の設定などコンテンツ毎に配信・閲覧制御が設定可能。

 コンテンツには、Excel/Word/PowerPointや、動画(形式:mp4、mov 音声:mp3、wav 画像:jpg、png)など、既存の電子ファイルも利用できる。また社内のPCから、Webブラウザ経由で、コンテンツ管理システム上に登録したコンテンツをオーサリング(編集)し、動画・音声・写真を含めたマルチメディアコンテンツを制作することも可能。サムネイルと詳細画像や動画の表示、音楽再生などの機能も搭載する。

 利用料金は、初期費用52,500円(税込)、月額利用料52,500円(10ID、容量4Gあたりの基本料金)、100ID追加26,250円(税込)など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top