【CES 2013】インテル、普及価格帯スマホ向けにAtomベースの新プラットフォームを発表 | RBB TODAY

【CES 2013】インテル、普及価格帯スマホ向けにAtomベースの新プラットフォームを発表

エンタープライズ ハードウェア

CESにおける発表の様子(同社公式ブログより)
  • CESにおける発表の様子(同社公式ブログより)
  • インテルによる発表
 米インテルは7日、米ラスベガスで開催中の「International Consumer Electronics Show 2013」(CES)において、普及価格帯のスマートフォンに向けた新プラットフォームを発表した。

 このプラットフォームは、開発コード名「Lexington」として、昨年のCESで初めて開発状況が公開されたものだ。低消費電力インテルAtomプロセッサー「Z2420」をベースとしており、Acer、インドのLava、アフリカのSafaricomなどが、このプラットフォームのサポートをすでに表明している。

 Z2420は、インテル ハイパースレッディング・テクノロジーを搭載しており、1.20GHzで動作、ハードウェア・アクセラレーションにより1080pのフルHD画像のエンコード/デコード、2台までのカメラなどをサポートしている。デュアルSIM、デュアルスタンバイに対応したインテルのXMM 6265 HSPA+モデムも含まれている。

 インテルでは、高性能なメインストリーム・スマートフォンを対象にした、インテルAtomプロセッサーZ2580を採用したプラットフォーム(開発コード名:Clover Trail+)も近日発表する予定とのこと。インテルの現在のソリューション(インテルAtomプロセッサーZ2460プラットフォーム)と比較して、最大で2倍の性能を有しているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top