来夏公開の超大作「パシフィック・リム」 トレーラーに続いてティーザーポスターも公開 | RBB TODAY

来夏公開の超大作「パシフィック・リム」 トレーラーに続いてティーザーポスターも公開

エンタメ 映画・ドラマ

(c)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
  • (c)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
  • (c)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
『パンズ・ラビリンス』や『ヘルボーイ』シリーズで知られるギレルモ・デル・トロ監督の最新作『パシフィック・リム』。ギレルモ・デル・トロは、いまハリウッドで最もその動向が注目される監督のひとりだ。そして、『パシフィック・リム』2013年夏に公開が予定されているハリウッド映画の中でも屈指の超大作である。
来年夏の公開に向け、全世界の映画ファンがその動向を窺っている。その映画の一端を見せる先日のトレーラー公開に続いて、12月25日にはティーザーポスターが公開になった。

ティーザーポスターも、今後の映画のイメージを知る重要な手掛かりとなっている。ポスターのビジュアルは人型巨大兵器「イェーガー」のボディの一部が壊れ、波打ち際に膝を付いたショットである。
一方で、「人類最後の望みは、この巨兵。」のキャッチコピーも。これらは一体何を表しているのか気になるところだ。
また、すでに公開されたトレーラーについても話題騒然だ。巨大生命体と巨大兵器の構図から、トレーラーを見た各国のファンも巨大生命体が『ゴジラ』を想起させるのか、日本の特撮やアニメとも関連させて感想も数多く見受けられる。

『パシフィック・リム』は地球を絶滅の危機に陥れる未知の巨大生命体と、人型巨大兵器「イェーガー」とのバトルが見どころになる。太平洋の深海から突如出現した自然の脅威か、人類の英知を結集し生み出された最新科学か。最先端のVFXを駆使したSFスペクタクルの幕が上がる。
キャストとして日本から菊地凛子さんや芦田愛菜さんも参加する。菊池さんは第79回アカデミー賞に助演女優部門にノミネート、芦田さんは子役界きっての名優として活躍していることもあり、その演技も注目したい。
[真狩祐志]

『パシフィック・リム』 2013年夏 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開

監督: ギレルモ・デル・トロ [出演]
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜
《animeanime》

関連ニュース

特集

page top