2012年のソーシャルメディア、感動の話題1位は「なでしこジャパン」……ニールセン調べ | RBB TODAY

2012年のソーシャルメディア、感動の話題1位は「なでしこジャパン」……ニールセン調べ

ブロードバンド ウェブ

感動とともに書かれた記事数の推移(週別)
  • 感動とともに書かれた記事数の推移(週別)
  • ポジティブな感情とともに書かれた記事数の推移(週別)
  • ネガティブな感情とともに書かれた記事数の推移(週別)
  • 喜怒哀楽 記事数の書き込み割合
 ニールセンは19日、Twitter上で盛り上がった話題を感情ごとにまとめ、今年一年を振り返った結果を発表した。同社のソーシャルリスニングサービス「Nielsen BuzzMetrics」を使用して分析を行った。

 それによると、今年、人々がもっとも“感動”した話題は「ロンドンオリンピックの女子サッカーなでしこジャパンの銀メダル獲得」だった。今年の1月から11月末までの「感動」という言葉の書き込み数の推移を見ると、書き込みは常に一定数あるが、一番大きな山を作ったのは、8月のロンドンオリンピックの話題で、卓球女子のメダル獲得、競泳、閉会式などでも、“感動”の話題を集めた。その他では、5月の「金環日食」といった一般的な話題に加え、ソーシャルメディアならではの話題として、3月にはお笑い芸人で画家の鉄拳さんが、振り子をテーマに描いたパラパラ漫画の動画が、11月の終わりには、“ディズニーリゾートでの結婚式で出されたデザートに感動!”といった書き込みが、画像つきでリツイートされ話題となっている。

 「喜んだ」や「楽しんだ」といったポジティブな感情の推移に注目すると、成人式、バレンタインデー、ホワイトデー、5月のゴールデンウィーク、8月の夏休みなど、大きなイベントや季節の話題が、やはり投稿を集めた。スカイツリーやヒカリエなど、今年オープンした観光スポットを訪れた話題なども投稿を集めた。またiPS細胞の研究(山中教授のノーベル賞受賞)の書き込みも多かった。

 一方で「怒った」「哀(悲)しんだ」といったネガティブな感情では、6月後半から7月前半にかけての大飯原発の再稼働の話題が今年一番の“怒った”話題だった。その他では、京都府亀岡市で発生した無免許運転による死傷事故への怒りの書き込みも多かった。“哀(悲)しんだ”話題では、7月の上野動物園のパンダの赤ちゃん死去の話題、3月の震災の記憶、1月の新宿のジュンク堂閉店のお知らせなどが数多く書き込まれた。

 最後に、「喜んだ」「怒った」「哀(悲)しんだ」「楽しんだ」の4つの感情の合計を100%とし、それぞれの感情の割合を算出した結果、「喜んだ」「楽しんだ」といったポジティブな感情が全体の84%となり、「怒った」「哀(悲)しんだ」といったネガティブな感情は16%だったとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top