抱きつくと絵柄が変わるXmasツリー……DNPと味の素ゼネラルフーヅ、プロジェクションマッピング活用 | RBB TODAY

抱きつくと絵柄が変わるXmasツリー……DNPと味の素ゼネラルフーヅ、プロジェクションマッピング活用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

“3Dプロジェクションマッピング”によりツリーが変化
  • “3Dプロジェクションマッピング”によりツリーが変化
  • 巨大な「Blendy & MAXIMスティック」クリスマスツリー
 大日本印刷(DNP)は18日、六本木ヒルズアリーナで12月15日・16日に開催されたカフェイベント「Blendy & MAXIMハッピーStickドリンクバー」にて、“3Dプロジェクションマッピング”を駆使したクリスマスツリーを提供したことを発表した。

 このイベントは、味の素ゼネラルフーヅのスティックドリンク「Blendyスティック&MAXIMスティックメニュー」発売10周年を記念して行われたもの。巨大な「Blendy & MAXIMスティック」にハグをすると、カフェのステージ上に設置されたクリスマスツリーが、さまざまなツリーに変化をするという内容だった。

 “3Dプロジェクションマッピング”は、立体物に動画像を投影し、シンクロさせる映像手法。その映像の動きや変化によって、対象物が動いたり、変形したり、または自ら光を放つように感じさせるものだが、日本では屋外広告の規制により、実現が難しいケースも多かった。DNPでは今後も、3Dプロジェクションマッピングを用いた映像表現によるイベント演出やショールーム開発などを提供していくとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top