【物欲座談会(前編)】主婦が許せるスマホの月額料金とその実態 | RBB TODAY

【物欲座談会(前編)】主婦が許せるスマホの月額料金とその実態

IT・デジタル モバイル

主婦3名が参加した座談会を開催
  • 主婦3名が参加した座談会を開催
  •  
  •  
  •  
 フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が急速に進み、毎月請求される料金に対する意識も変わってきた。今回は、普段からNTTドコモのスマートフォンを使っている主婦3名に参加いただき、月額料金に関する実態やポイントをはじめとしたサービスの利用方法について本音を語ってもらった。

■座談会参加メンバー

・相馬:29歳。IT系サービス企業勤務。結婚2年目。
・片山:39歳。主婦。子供は小学校3年生の女の子。
・鴈本:36歳。主婦。子供は小学校3年生の男の子と1年生の女の子

●月額料金は6,000~9,000円

--今使っている端末は何ですか?

相馬:「GALAXY S II SC-02C」を約1年間使ってます
片山:「Xperia acro SO-02C」になります。私は2年目ですね。
鴈本:「MEDIAS X N-07D」です。最近変更したばかりです。

--自分が現在どんなプランに加入されていて、月額いくらくらいかかっているか教えてください

鴈本:実は、(加入して以来)あまり意識したことなかったんですよ。フィーチャーフォンを使っている時は色々細分化されたプランがあって、通話料に応じたプランを選んでいた気がします。スマートフォンにしてからは通話自体少なくなったこともあるので、引き落とされる料金も毎月ほぼ同じ。昔みたいに、無駄遣いしている感覚もないですね。ちなみに今回久しぶりに確認したら「タイプXiにねん」でした。端末代金も含めて、私も主人も8,000~9,000円ぐらいです。
片山:多いと8,500円という月がありますが、基本6,000円台なんです。私の場合は「FOMAタイプSバリュー」に入っているのですが、割引があって基本使用料は743円、パケットはフラット定額の5,200円、SPモードの300円と、メロディコールが毎月100円、ケータイ補償お届けサービスで380円取られてますね。
相馬:私は毎月8,000円前後です。料金プランは「FOMAタイプSバリュー」で、ドコモの端末を使って10年を超えるので3,000円の基本使用料が割引されて実質1,500円。通話料もファミリー割引とゆうゆうコール割引などで引かれて、今月は6円です(笑)。パケットは「パケットホーダイフラット」に入って5,200円。そのほかは、留守番電話、キャッチホン、あとメロディコール(笑)と、ケータイ補償お届けサービスに加入してます。

--家族の分を含めて毎月1万6,000円~2万円くらいの支払いって負担としては大きいですよね。

片山:主人もドコモ端末ですが、会社から支給されているスマートフォンを使ってます。私の場合、姉家族がドコモなのでそこのファミ割が適用されてます。実質私の1台のみしか家計の負担になってません。
鴈本:いつもより高い請求があれば「あら今月使っちゃった」という感じですが、さきほども言ったように毎回同じ請求金額なので慣れちゃいました。
片山:携帯って生活に必要なものになっているじゃないですか、だから私たちが無駄使いをしているというなら何か言われてもしょうがないですが、最低限のものしか契約していないので……。どこの家も一緒かなと思います。

●スマートフォンで通話はしない?

--通話料金もあまりかかっていない感じですか?

鴈本:主人と私と子供2人、4人は通話無料。主婦になってからはあまり外に携帯でかけることが少なくなってますね。主人も営業とかではないので無料通話分でまかなえる部分でしか使ってませんね。
片山:私も鴈本さんと一緒で、今月の通話料は100円くらいなんです。たぶん外出先でどこかのお店に電話したとかで使ったんですが、いつかけたかなど覚えていないぐらいですね。
相馬:私の場合は、家に固定電話がないので、キャッチホンとか留守番電話とか、基本は全部必要なんですが、ゆうゆうコールとかよくわからずに加入したものもあります。あとから確認したら(ゆうゆうコールは)指定した電話番号への通話料が最大30%オフになるサービスでした。これには180円かかってます。

--月額料金に関しては1万円を超える人もいるみたいですが……

片山:(1万円は)おっと!と思いますね。
鴈本:なにしたか!?という感じ

●料金確認はWebで十分

--ところで皆さん、月額料金はどのように確認していますか?

鴈本:Web(Mydocomo)ですね。前は留守番電話やキャッチホンも入っていましたが、ある時、携帯で留守電とか使わないことに気づいて、あまり確認する必要もなくなったので紙の明細はいらないです。
片山:私もWeb(Mydocomo)です。紙で明細が届いていても「ふ~ん」で終ってましたし、普段からWebでも確認してましたので、100円お得になるんだったらやめてもいいかなと思いました。
相馬:私は紙ですね(笑)。でも、今回始めてMydocomoの存在を知って、いろんな情報が分かりやすくて、こっちの方で対応しようかと思いました。

--月額料金をもっと安くしたいと思いませんか?

鴈本:つい最近「Xi」端末にしたんですが、パケットは固定ですし、ドコモのSPモードメールを使うと300円も固定ですし……。通話をすればどんどん料金が上がっていくのは当然ですが、これ以上安くしようがないですね。ですので、パケットの部分が安いといいなとは思いますが……。
片山:今、無駄なモノは、まったくないですね。メロディコールぐらいでしょうか(笑)。
相馬:私は、まだ削れるところがありそうです。今回、Mydocomoのページで「ぴったり料金プラン診断」をやってみたんですが、600円くらい削れるみたいです。今「タイプSプラン」なんですが「タイプSSプラン」が適切と診断されました。
片山:ドコモで最初に契約する時に、いろいろなものに入らされるじゃないですか。最初の何ヵ月は無料で、その後ほっておくと課金されるようになるのがあります。私は忘れてしまう前に、自分に必要ないものを全部Mydocomo(ドコモの各種お申込・お手続サイト)で解約しますね。

--なるほど。ドコモの各種お申込・お手続サイトなら、料金プランの確認だけでなく、サービスの申込や解約もできるので、忘れないうちにいつでも利用できて便利ですね。それに、今の契約内容を見直すと意外に節約できるところもありそうです。

●余分な出費には厳しい

--主婦の方は、しっかり旦那さんの料金を把握して、月額料金を厳しくチェックしながらやりくりしているイメージだったんんですが、意外と緩いですね(笑)

全員:すみませ~ん(笑)。
片山:他の主婦の話ですが、夫婦でスマートフォンに変えようと奥さんが提案した時に、旦那が「スマートフォンに変えると料金が高くなるよ」といって全然乗り気じゃなくて、結局奥さんだけ買い替えたって話をききましたね。主婦のほうが、あまり金額を気にしていない感じがしますよね。
相馬:友人同志でも、携帯について話すこともないですし、料金について話す友達も少ないですね。前の携帯から料金も変動が少ないので、これが普通かなという感じでいます

鴈本:うちは主人のクレジットカードからの引き落としなので、私がWebで確認しないとわからないんですが、今回主人の料金をWebで確認したら(購入した項目に)300円というのがあって「ちょっと、これなに!いやらしい~」って言ってしまいました。なんか、ナビアプリを1年前から契約していたみたいで“使っていないから、この前止めたんだ”と主人は言っていて、私は最後の証拠を見つけてしまったんですね。でも、それって、明細を毎回見ていたらもうちょっと早く見つけてあげられたのに……。明細を見るって大事だなと思いましたね。
相馬:主人の料金が3,000~4,000円オーバーした月があってそこはツッコミましたね。“何かあった?”って聞いちゃいました。なんか、仕事関連でいろいろ電話していたみたいで、翌月からは戻ったので、まあいいかなという感じなんですけど(笑)。

--スマートフォンで物が買えますよね。ゲームも課金されたりということがありますが、ついつい使っちゃう部分で気になりませんか?

鴈本:私も主人もスマートフォンで大きなモノを買うことはないですし、子供もキッズケータイで買い物ができないです。でも、子供が大きくなってくると、そういったところに目を光らせて明細を見るかもしれませんね。

--やはり現代社会では子供のケータイ利用は心配になりますよね。中身を見ることも年頃になるとなかなかできないですし……契約内容や利用状況をチェックし、必要に応じて“アクセス制限サービス”などに加入するといいかもしれません。

今回は、主婦の方にスマホの利用状況を料金を中心に語ってもらった。いつもと同じ料金だと思いつつも細かい料金に気づくのはさすが。ドコモユーザーであれば各種お申込・お手続サイトで現在の契約内容が確認できるので、今回見てきたような料金プランの確認や不要なサービスがないかなどチェックしてみてはいかがだろうか。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top