ウォール・ストリート・ジャーナル日本版が選ぶ今年の10大ニュース発表 | RBB TODAY

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版が選ぶ今年の10大ニュース発表

エンタメ 調査

 『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版』(編集長:小野由美子)は14日、「WSJ日本版が選ぶ2012年10大ニュース」を発表した。2012年の1位は「欧州債務危機」。

 WSJ編集部が日本版読者の反響、記事本数が多かったトピックス、米国・アジア版記者が精力的に取材したテーマの中から、1位から10位までのランキング形式で選定した。

 2012年は世界で文字どおり「嵐」が吹き荒れた。債務危機に揺れる欧州では、緊縮財政に国民が反発、ゼネストの嵐が巻き起こった。チュニジアから始まった「アラブの春」の嵐はシリアのアサド政権を追いつめた。大型ハリケーン「サンディ」も米国に生々しい傷跡を残した。また米国や中国、フランス、ロシアといった主要国で新たな指導者が選ばれ、節目の年となった。

WSJ日本版が選ぶ2012年10大ニュース
1位:欧州債務危機
2位:オバマ米大統領選再選
3位:習近平氏、中国国家主席就任
4位:シリア内戦
5位:ハリケーン「サンディ」猛威
6位:日中領土問題が再燃
7位:日米欧、金融緩和強化
8位:アップルVSサムスン訴訟合戦
9位:フェイスブック上場
10位:ロンドン五輪
番外:世紀の天体ショーに天文ファン歓声
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top